「ミリタリー」タグのついた作品

  • [景美仙姬巖] 台湾の陽々前伝

    価格:648円

    [景美仙姬巖] 台湾の陽々前伝
    当作品は「台湾の陽々」シリーズの第7巻になります。作者が「丹陽」になる前の「雪風」の乗組員に取材し、その乗組員が戦後、「雪風」と共に各地へ復員の任務を付き、更に「雪風」を中華民国に引き渡すなどの実体験を収録。
  • [うな重] 東方幻代戦3

    価格:540円

    [うな重] 東方幻代戦3
    山の為なら死ぬのを恐れるなと教えられている。けれど山は私たちの為に「死んで」はくれない。
    人が消えた道筋を辿り、それらを線で結んだ先に見えるものとは――
    58ページの作品です。
  • [うな重] 東方幻代戦4

    価格:540円

    [うな重] 東方幻代戦4
    妖怪の山の空は、汚れ、肌寒い。
    命令違反を犯し、はたてに逮捕された椛は、文と共にちょっとした里帰りを行うことになる。
    鴉天狗、山天狗、河童、白狼天狗・・・厳然とした階級が存在し、抑圧的な社会を形成する山。
    そんな「故郷」に一抹の息苦しさを感じながら、犬走椛は帰郷したのだった。
    忘れたい過去と、思い出せない思い出の狭間で、懐かしい友人と再会するために。
    そんな彼女の暖かくヒリつく心をよそに、山には新たな脅威が迫っていた。
    人間たちの持つ、異常な科学力が生み出した、不気味な羽音が襲い掛かる…。
    56ページの作品です。
  • [うな重] 東方幻代戦

    価格:540円

    [うな重] 東方幻代戦
    幻想郷の外の世界から人間の様々な技術が流入してきた。
    その中には多くの『武器』も含まれ、現代的な兵器類は幻想郷における戦い方を大きく変えていく。
    妖怪の山と守矢神社、二つの対立する勢力の戦いのお話。
    30ページの作品です。
  • [うな重] 東方幻代戦2

    価格:540円

    [うな重] 東方幻代戦2
    妖怪の山周辺に流入し続ける、「外の世界」の科学技術たち。 犬走椛率いる、妖怪の山所属の哨戒部隊は、
    人間たちが作り上げた新興都市への潜入作戦を実施した。作戦の目的は、射命丸文と河城にとりの密会を護衛すること。
    人間と妖怪の間に広がる、埋めようのない矛盾に戸惑う妖怪たち。 その背中に「外の世界」からやって来た特殊部隊の手が迫っていた・・・。
    54ページの作品です。
  • [鋳物工場] mind logos3

    価格:432円

    [鋳物工場] mind logos3

    (さらに…)

  • [studio麗] 艦●教室<〇一>戦艦・改/下巻

    価格:540円

    [studio麗] 艦●教室<〇一>戦艦・改/下巻
    艦●れキャラクターと学ぶ艦船史漫画シリーズ
    コミケ93(2017年12月)発行の同人誌をオンライン配信用に再構成しました。
    B5サイズ44ページ。
    資源が尽きて出撃禁止になった鎮守府。
    暇を持て余した艦●たちが教室に集まってそれぞれの艦について語りあいます。
    第1巻は戦艦編(上下巻構成)
    下巻は弩級戦艦の時代から超弩級戦艦、高速戦艦、ビッグセブン、第二次世界大戦期の新戦艦へと発達を遂げた戦艦史の後半です。
    大艦巨砲主義と呼ばれる主砲の大口径化はなぜ起きたのか、軍縮条約の影で行われた巡洋艦の建造競争とその影響、航空機時代の戦艦の立ち位置、そしてWW2以後の戦艦の行方とその終焉まで戦艦の歴史を辿ります。
  • [studio麗] 艦●教室<〇一>戦艦・改/上巻

    価格:540円

    [studio麗] 艦●教室<〇一>戦艦・改/上巻
    艦●れキャラクターと学ぶ艦船史漫画シリーズ
    コミケ91(2016年12月)発行の同人誌をオンライン配信用に再構成しました。
    B5サイズ44ページ。
    資源が尽きて出撃禁止になった鎮守府。
    暇を持て余した艦●たちが教室に集まってそれぞれの艦について語りあいます。
    第1巻は戦艦編(上下巻構成)
    上巻は戦艦のしくみや特徴の解説、木造帆船の時代から戦艦が誕生し弩級戦艦への進化を辿る戦艦史の前半です。
    巻末は金剛型から大和型まで各型の艦●が出自や特徴を自己紹介する戦艦カタログ。
  • [オペレーション・ボックス] プラウダ高校重戦車IS-2とKV-2

    価格:756円

    [オペレーション・ボックス] プラウダ高校重戦車IS-2とKV-2
    プラウダ高校重戦車IS-2とKV-2を、カチューシャとノンナが紹介するイラスト解説本!
    ドイツ兵から『ギガント』と呼ばれた各車両のスペックについて、詳細にお届けします♪
    更にプラウダ高校の面々による自機への想いを描く、ほのぼのショートマンガも収録☆
    ミリタリー好きでなくとも目が離せない、重戦車の魅力が満載の1冊をお楽しみ下さい。
    18ページの作品です。
  • [ぽんず企画] くノ一の魔女 ワールドウィッチーズ異聞

    価格:540円

    [ぽんず企画] くノ一の魔女 ワールドウィッチーズ異聞
    一の巻
    1944年、自分――つまり、初見あきらは依頼でカールス○ントの黒い森を進んでいた。
    新人の魔女が撃墜され、救出を待っているというのだ。魔女は貴重な戦力だ。特に航空打撃魔女であるのならば。
    であるのなら、助けにいかなければならない。
    自分は、陸戦の三号突撃ユニットで黒い森を進む。
    二の巻
    ガリアは解放された。
    だが、奴らの巣が破壊されただけで、まだやつらの残したものは彼の地にはびこっていた。
    自分は、その残されたものを偵察してくるように、との命令を受ける。
    ガリアの真の解放のために、自分はキ106でガリアへと飛んだ。
    本作品は、ストラ×クウ××チーズの二次創作の小説になります。
    主人公は扶×皇国の魔女、初美あきら。戸隠流忍術の時期宗家であり、同時にウィッチでもあります。
    彼女はとある人物のお願いで欧州に渡り、欧州解放のために各地を転々としながら戦いの日々を過ごしていきます。
    本書は、Pixivやハーメルンなどで公開していたくノ一魔女 ―ストラ×クウ××チーズ異聞の一の巻と二の巻をまとめて加筆修正し、書き下ろしの外伝を付け加えたものになります。
    著作:高 (さらに…)