• [煩悩ストラテジ] 【囁きバイノーラル】お金目当ての射精管理ですよ、おじさん♪?援交少女めぐみ様の貢ぎATM製造法?

    価格:756円

    [煩悩ストラテジ] 【囁きバイノーラル】お金目当ての射精管理ですよ、おじさん♪?援交少女めぐみ様の貢ぎATM製造法?
    「そんな惨めなATMクンに、せめてオカズに出来る
     ”トドメの一言”くれてやります♪」
    ■コンセプト
    バイノーラル収録での囁きと
    “射精管理”をコンセプトにした音声作品になります。
    最終的に「射精を希望する/しない」の2パターンを収録しておりますが、
    どちらを選んでも結局ブザマな扱いを受けます…。
    行為は”手で撫でる”どまり、後はオナミとオナ指示のみの
    悶々とさせられる構成となりますのでご留意ください。
    年下の女の子に弄ばれたい、いいように転がされてしまいたい…
    そんな願望をお持ちの方にお手に取っていただきたい構成となっております。
    ■あらすじ
    聞き手(中年社会人)は出会い系で一人の少女と知り合い、
    援助交際の約束を取りつける。
    当日、少女と待ち合わせた聞き手は
    当然”色々な行為”に期待を寄せるのだが……。
    「あー、ゴメンなさい。
     なんか期待させちゃったかもですけどぉ、
     わたし…カラダは売るつもりないんです」
    「その代わりぃ…と??っても”イイコト”、
     おじさんに教えてあげますよぉ…♪」
    含みのある微笑みで聞き手の手を引く少女。
    そうして、成り行きのままに連れ込まれたホテルで
    聞き手を待ち受けていたのは。
    「くすっ…ところでおじさんは
     女の子に管理されるのとか…キョーミないですか?」
    少女による”オトコの管理”という提案だった――。
    ■トラック内容
    [01]プロローグ「カラダを売るつもりなんて、ぜ?んぜん無いんです…♪」(01分52秒)
    聞き手(中年社会人)は出会い系で一人の少女と知り合い、
    援助交際の約束を取りつける。
    当日、少女と待ち合わせた聞き手は
    当然”色々な行為”に期待を寄せるのだが――。
    「あー、ゴメンなさい。
     なんか期待させちゃったかもですけどぉ、
     わたし…別にカラダを売るつもりは無いんです」
    「その代わりぃ…と??っても”イケないコト”、
     おじさんに教えてあげますよぉ…♪」
    [02]誘惑の囁き「おじさんのコト、”査定”しちゃお?っと…♪」(09分07秒)
    少女に連れられるままホテルへと赴く。
    そこで聞き手はベッドに座らされると
    突如目隠し&手枷をつけられ、背後から優しくハグをされる。
    「いいからリラックスしててください、お・じ・さん♪」
    そう言うと、少女は年不相応な甘い香りを漂わせながら、
    聞き手の耳元でそっと囁き始めた――。
    「”射精管理”、キョーミありませんか…?」
    [03]蠱惑的な囁き「さあ、”めぐみちゃんに管理されたいです”って言うんです」(11分12秒)
    “射精管理”によって悶々とした欲望を溜め込む聞き手。
    そんな聞き手の心理を見透かした少女は、
    蠱惑的な微笑みを絶やさぬまま、
    甘い囁きで財布の中身に目をつけていく――。
    「こんなに年の離れた女の子に、
     性欲を管理下に置かれちゃうなんて」
    「おじさんみたいな受身のマゾ豚さんには、
     きっとチョーご褒美に違いないです…♪」
    「もっと、もっと、もっと。
     これからも貢いでください…。
     でなきゃ、射精なんて絶対に許してあげない…♪」
    [04]侮蔑の囁き「そんな中でも…特におじさんは”チョロい”です…♪」(07分44秒)
    まんまと少女に絡め取られ、聞き手は彼女の管理下に置かれてしまう。
    溜め込んだ欲望を発散することも出来ず、金銭だけを搾り取られる日々。
    そんな聞き手に囁きかけられる言葉は、次第に侮蔑の色が濃くなり始めて……。
    「おじさん、きっとロクな人生歩めません…♪
     こうやって若い女の子に囁かれるだけで
     興奮するようなマゾが…
     人並みの家庭を築けると思いますか?」
    「くすっ…。
     ”マジ、ありえない”で?す…(笑)」
    [05]パターンA/射精を希望する「わたしの言っている意味、分かります?」(09分56秒)
    辛抱たまらず射精を望む聞き手。
    その懇願を容易く許す少女だったが、
    嘲笑の笑みを浮かべたまま、動きを見せる様子がない。
    「くすっ…言っておきますけど…別にわたし、
     何もしてあげる気ないですよ?」
    そうして聞き手に許された性欲処理は、あまりにも惨めなものだった……。
    [05]パターンB/射精を希望しない「くすっ…オタクってそういうの得意ですよね?」(06分57秒)
    まだ射精しないことを選ぶ聞き手。
    「そっか、ガマンするんだ。
     そんなに股間をビクつかせてるのに、
     頑張って耐えちゃう気なんだ…♪」
    少女はそんな聞き手を愉快そうに見つめながら、
    “お利口な人”として”特別扱い”を宣言する――。
    「そんな惨めなATMクンに、せめてオカズに出来る
     ”トドメの一言”くれてやります♪」
    ■製作
    製作:煩悩ストラテジ
    イラスト:hai
    ボイス:砂糖しお
    (敬称略)