• [魔界の絶叫] 淫蜜美熟魔女その4

    価格:648円

    [魔界の絶叫] 淫蜜美熟魔女その4
    「さとし…ここでなにをしているの?…あら?…なにかしら…この白っぽい液体…さとし…ここでわたくしのオナニーを覗きながら…何をしていたの?…うふふふふ…悪い子だわね…お姉ちゃんがお仕置きしてあげる…たっぷりとお仕置で出させてあげるわ…ふふふふふふ…うふんんんんんっ…」
     さとしが黙って下を向いていると、めぐみはいきなりさとしの前に跪くと、おち○ちんにしゃぶりついたのです。
    「あっ…あああああっ…お姉ちゃんっ…」
     恐ろしい淫蜜魔女に生まれ変わってしまっためぐみのフェラチオです。その例えようのない快感に肉体を貫かれたような感じがして、さとしは夢中になって肉体を委ねてしまっていました。
    「んんんんっ…んっ…んんんんんっ…んふうんんんんんんっ…」
     めぐみはさとしにフェラチオしながら、その手でお尻をしっかりと抱きしめてきます。さとしは立っていることができなくなってしまい、座り込んでしまいました。するとめぐみは大きなお尻をくねらせながら、ますますいやらしくフェラチオを続けるのです。