• [魔界の絶叫] 吸精毒蜘蛛の女 その2

    価格:648円

    [魔界の絶叫] 吸精毒蜘蛛の女 その2
    おち○ちんを弄ぶ吸精毒蜘蛛の女の足が、おち○ちんに触れるか触れないかでゆっくりと動かされ、おち○ちんに絡みついた糸の動きがそれに伴ってゆっくりと舐め上げるように感じられます。それはもう今までとは全く違った感触で、さとしはもう射精したくてたまりません。
    「んああああああああああああああああああっ…あああああっ・あっ・あっ・あああああああああああああああああああああっ…逝かせてえええええっ…出させてえっ…出させてくださいいいいいっ…あああああああああああああっ…もうだめええええええええええええええっ…」
    「ほほほほほ…わたくしにおねだりをするなんて…ほほほほほほ…仕方がないぼうやね…そんなにおねだりされたらわたくしも許してあげたくなるわ…そろそろ出させてあげる…ほほほほほ…でも…一度出しちゃったら一滴残らず吸いつくすわよ…いいわね?…」
    吸精毒蜘蛛の女はうれしそうな声で耳元で囁いたのです。するとさとしの肉体はさらに魔法がかけられたように、ますますおち○ちんが激しく脈打ち始めてしまいました。さとしは『もしもおち○ちんが糸でしっかりと縛られていなかったらどうなっちゃうんだろう』と思っただけで、おち○ちんはますます激しくびくんびくんと動いてしまってどうしようもありません。
    「ほほほほほ…そんなに出させてもらえるのがうれしいのね?…本当にいやらしい子だわ…」