• [BP-TRY-UC] ひまわりヶ丘総合病院へようこそ

    価格:2,916円

    [BP-TRY-UC] ひまわりヶ丘総合病院へようこそ
    bp-try-ucが贈る、巨乳入院ライフアドベンチャー「ひまわりヶ丘総合病院へようこそ」が登場!
    物語は、『ひまわりヶ丘総合病院』が舞台。『ご来院一万人目』として選ばれた主人公は、その一万人達成記念として『快適な環境と優秀なスタッフによる、素晴らしく徹底した治療と療養』を与えられる。主人公は、女医と三人の看護師、そして病院に入院中の謎の少女に囲まれ献身な看護を受け、楽しくエロエロな入院ライフを送ることになる。登場するヒロイン達は一人(病弱少女)を除き皆バスト100cm以上の巨乳の持ち主。そのため、巨乳プレイをメインとした医療器具プレイ満載のエロシーンがバリエーション豊かに登場する。
    ●豪華特典
    幻の追加シナリオフルコンプリート&サウンドトラック
    ●ストーリー
    体調の不良を感じ、アパートの近くにある総合病院へ向かう主人公。部屋を出る前に計った体温は40度。上京してきたばかりの寂しい一人暮らしで、勿論看護してくれるような知り合い(恋人)もいない。買い物も出来ず、昨日の昼から何も食べていない。主人公はだるい身体を引きずり朦朧とした意識で『ひまわりヶ丘総合病院』のドアをくぐる。
    看護師の声:「ご来院一万人目おめでとうございますーーー!」
    という甲高い声と拍手で出迎えられた主人公。通路を挟んで並ぶ大勢の看護婦さん達の拍手、パンパンと鳴り響くクラッカーの音が頭の中でガンガンと反響する。訳も分からず混乱する主人公の腕に、沢山の花束と記念品が次々と押しつけられる。
    看護婦の声:「栄えある一万人目の患者さんには………なんとっ!」
    看護婦の声:「なーんと! 我がひまわりヶ丘病院の優秀なスタッフによる特別な………って、あら?」
    看護婦さんの裏返った声を最後に、主人公の意識は途切れてしまう。
    次の日の朝、主人公は白く清潔なベッドの上で目を覚ます。アパートの硬いシングルベッドとは違う、ふかふかで清潔なクィーンサイズのベッド。広い室内、高い天井。室内には高価そうな家具が配置され、天井には大きなシャンデリアが吊り下がっている。まるで、昔TVで見た一流ホテルのスイートルームのような豪華絢爛な室内。
    主人公:「ここは、一体どこですか? 俺は『ひまわりヶ丘総合病院』に行ったはずなんですが………」
    若い看護婦:「ええ、ここは『ひまわりヶ丘総合病院』ですよ」
    若い看護婦:「総合病院が誇る、個室差額料1日10万円の豪華特別室です」
    そういって若い看護婦さんはにっこりと笑った。
    *ゲーム実行時等、エラーメッセージが出る場合、管理者権限で実行して下さい*