• [maple号] お乳の大きな店員さん 時間が止まった店内で揉んで、しゃぶって、パイズリ顔射

    [maple号] お乳の大きな店員さん 時間が止まった店内で揉んで、しゃぶって、パイズリ顔射
    あるコンビニで働く人妻このみ。「可愛すぎる店員さん」として評判で、
    日々男性客を虜にしていた。しかし、客の心をつかむのは顔だけではない。
    それははちきれんばかりのお乳だ。少しの動作で揺れまくる巨乳に男性客の心は
    メロメロだった。
    その巨乳にとらわれたのは俺も同じ。このコンビニの店長である俺は
    従業員である彼女をいつも性的な目で見てしまっていた。
    「あの巨乳にむさぼり、パイズリでドロドロの精液を顔面にぶちまけたい。」
    「旦那にだけ許された禁断のオ○ンコに肉棒をぶち込み、そのまま中出ししたい。」
    彼女には夫とこどもがいる、性的な感情は抱いてはいけない、そう思えば思うほど
    俺の欲望は大きくなっていった。そんななか、その欲望をついに開放する時がやってきた。
    俺は、時を止めるスイッチを手に入れたのだ。
    その日から、彼女は俺の性処理女と化していく…
    基本 14ページ
    総枚数 19ページ(差分込み)