• [魔界の絶叫] 淫魔乳ゼリー悶絶地獄その2

    [魔界の絶叫] 淫魔乳ゼリー悶絶地獄その2
    いくつもの巨大なおっぱいに弄ばれながら、さとしは精液を出し続けていました。さとしのおっぱいも巨乳となり、淫魔乳ゼリーにミルクを注入されては射乳させられ、その快楽も気が狂うほど気持ちよくってたまらないのです。
    「ほほほほ・・・他のおっぱいの乳首とセックスさせてあげるわ・・・まだまだわたくしのおっぱいはおまえの精液を欲しがっているの・・・ほほほほほ・・・わたくしのミルク塗れながらお尻とおま○こにミルク注入されながらいっぱい出しちゃっていいのよ・・・ほほほほほほ・・・」
    悶絶地獄が、さとしに満足したわけではありませんでした。やがておち○ちんが乳首ま○こから開放されると、さとしの肉体がおっぱいの谷間に挟まれたまま、ぬるぬると降ろされ始めたのです。
    「んはああああっ・・・もうっ・・・もうゆるしてえええっ・・・んあああああああっ・・・ぬるぬるしていやああああっ・・・ああああああああっ・・・もうやめてええええっ・・・」
    乳首のおま○こから解放されたさとしのおち○ちんは、まだまだ元気いっぱいに反り返ってびくびくと動いています。それを狙っている次のおっぱいが迫り、乳首の先がおま○こそっくりに開きながら迫って来ます。
    「ほほほほほ・・・まだまだ吸ってあげるわ・・・わたくしの乳首ま○こはまだまだいっぱいあるわ・・・いやらしく口を開いてさとしちゃんのおち○ちんを狙っているの・・・まだまだいっぱい出しちゃっていいのよ・・・ほほほほほほ・・・」