• [魔界の絶叫] 吸精異星生物の餌食その2

    [魔界の絶叫] 吸精異星生物の餌食その2
    サトシの肉体に交差しながら巻き付く二本の触手、その先はさとしの手首まで巻き付いてゆきます。足に巻き付いた触手に無理やり開脚させられ、たっぷりと粘液を吐き出しながらいやらしい口がゆっくりと開き始めました。何重にもなった柔らかな唇が、さとしのおちん○んに迫って来ます。
    「ひいいいいいいいいっ・・・いやああああっ・・・たすけてえっ・・・だれかっ・・・だれかたすけてえええええっ・・・いやああああああああっ・・・」
    触手に捕らえられてしまったさとしは、必死になってもがき、悲鳴をあげています。しかし恐怖に泣き叫んでいるのに、おちん○んだけはいつの間にか大きく硬く勃起して反り返っています。
    「おまえが必死になってもがけばもがくほど・・・嫌がれば嫌がるほど・・・肉体はわたくしの与えるとろけるような愛撫に狂い・・・そして快楽の極みへと導かれてゆくの・・・ほほほほほほ・・・そして何度も何度も絶頂に達しながらもその強烈な快楽に堕ちてしまうのよ・・・ほほほほほ・・・」
    ぬめぬめと開かれた何重もの唇の中に、おちん○んがゆっくりと入れられ始めました。これが柔らかく閉じられてしまったら、さとしの肉体は如実に反応させられて精液をほとばしらせてしまうのです。生暖かい粘液がおちん○んに滴り始めると、さとしの心の恐怖はますます高まってゆきます。
    「ああああああああああああああああっ・・・いっ・・・いやあああああああああああああっ・・・やめてえっ・・・やめてええええええっ・・・あああああああああああああああっ・・・」
    おちん○んはすっかり粘液の中に包み込まれてしまい、粘液は尻穴のほうまで流れてきています。しかもその粘液は意思を持った生き物のように、ぬるぬると蠢くのが感じられ、おちん○んを揉み解すように、そして尻穴を舐めまわすように、いやらしくサトシを愛撫しているのです。
    「ああっ・・・やめてえええええっ・・・いやあああああっ・・・ああああっ・・・いやあああああああっ・・・」
    股間を襲うおぞましい感触と頭の中に響き渡る妖艶な声、サトシは泣き叫びながらもがき続けることしかできません。しかし肉体はますます粘液の感触を喜ぶかのように欲情し、今にも射精してしまいそうなほど反応してしまうのです。必死になってもがいているはずなのに、サトシの肉体は触手の中で肉体をくねらせ、ねっとりと濡れて柔らかな触手の感触を、求めてしまっているかのようです。