• [魔界の絶叫] 吸精いそぎんちゃく悶絶地獄

    [魔界の絶叫] 吸精いそぎんちゃく悶絶地獄
    さあ・・・今度は吸精いそぎんちゃくの餌になるの・・・ほほほほほほほ・・・それはさとしの肉体を包んでいる魔法少女のコスチューム・・・レオタードの中もストッキングの中も・・・パンティのなかも触手でいっぱいになるの・・・素敵でしょう?・・・おほほほほほほ・・・」
    粘液の檻の中で逃げられないさとしに、天井から粘液に包まれた小さな物体がいくつもいくつも糸を引きながら下がって来ます。変態魔法少女の体液が大好物な吸精いそぎんちゃくの卵なのです。
    「あああああああああああっ・・・いやああああっ・・・いっぱいくっついて・・・ひいいいいいっ・・・服の中に入ってくるううううっ・・・あああああああっ・・・」
    魔法少女のコスチュームにくっついた卵は、そのままぬめぬめとコスチュームの中に溶け込むように入り込んで孵化してしまうのです。すると孵化した部分には柔らかないぼいぼとも触手ともつかないものが、うねうねと蠢き始めるのです。
    「ほほほほほ・・・吸精いそぎんちゃくはさとしの体液をじわじわじっくり吸ってしまうの・・・魔法少女のさとしはいくら吸われても魔力が失われるまで吸われ続けてしまうわ・・・ほほほほほほ・・・」
    次々と孵化する吸精いそぎんちゃくの卵が、魔法少女のコスチュームのあらゆるところでさとしを責め始めます。触手の中央にはさとしを吸う口があるのか、ねっとりと吸い付かれた部分から痺れるような快楽が感じられるのです。