• [魔界の絶叫] 吸精毒蛸の魔女その1

    価格:648円

    [魔界の絶叫] 吸精毒蛸の魔女その1
    「まあ・・・逃げなくてもいいでしょう?・・・ふふふふふ・・・かわいらしいわ・・・」
    さとしが泳ぎだそうとすると、いつの間にかさとしの回りには真っ黒な髪が漂っています。そしてそれがさとしの肉体にまとわりつくように迫ってくるのです。
    「ふふふふふ・・・逃がさないわ・・・かわいらしくてとてもおいしそう・・・わたくしがじっくり味わってあげるわ・・・」
    真っ黒な髪がみるみるうちにさとしの腕に絡みつき始めたのです。さとしが無理やり泳いで逃れようとすると、今度は足や肉体に得肉体の知れないものが巻きついてきたのです。
    「ああああああっ・・・」
    まるで蛸の足のようなものがうねうねと蠢きながら、さとしの肉体を捕らえ始めました。そして吸盤のようなものがさとしの肌に吸い付いて離れないのです。
    「たっ・・・たすけてっ・・・たすけてえええええっ・・・あああああっ・・・あああああああっ・・・」
    さとしは捕らえられて引き寄せられてしまいました。肉体に巻きついた蛸の足のような触手はますますさとしの肉体に巻きつきながら吸盤を吸いつけてきます。
    「ふふふふふ・・・もう逃がさないわ・・・たっぷり嫐りながら味わってあげましょうね・・・」
    逃げることのできないさとしは、蛸のような触手を持つ魔物の女にじっくりと嫐られてしまうのです。さとしの首筋に舌が這い回り、艶かしい愛撫が与えられると、恐ろしさとは裏腹におち○ちんが大きくなり始めてしまったのです。
    「ああああっ・・・やめてっ・・・やめてくださいっ・・・あああっ・・・あああああああああっ・・・」