• [魔界の絶叫] 淫夢のアメーバ2

    価格:648円

    [魔界の絶叫] 淫夢のアメーバ2
    すっかり変態魔法少女にされてしまったさとしは、もうどんなに拒んだとしても、肉体はアメーバの思いどおりにされてしまっているのです。精液は何度も何度も勢いよくほとばしってしまっていました。おま○こも太い触手がくねりながら出し入れされている隙間から、たっぷりと透明な液体が音を立てて吹き出してしまっています。
    「あらあら・・・おま○こから何回潮を吹かせてしまっているの?・・・ほほほほほほほ・・・処女ま○こがこんなに感じてしまうなんて・・・本当にさとしはいやらしい変態魔法少女なのね・・・ほほほほほ・・・もっと逝きたいんでしょう?・・・嫌がって見せても逝って逝って逝きまくってしまいたいんでしょう?・・・ほほほほほほ・・・」
    ますますほとばしる精液、吹き出す潮、止まらない乳液、さとしは肉体をのけぞらせて逝きまくってしまっています。肉体は逝きまくってしまっているのに、さとしの意識だけは正気のままはっきりと自分がどうなっているのかわかってしまっているだけに、必死で何とかしようと思っています。しかしそれもむなしく、自分の肉体なのにどうすることもできません。
    「ああああっ・・・逝くううううっ・・・あああっ・あああああああっ・・・逝くのいやあああああっ・・・んあああああああっ・・・だめえっ・・・だめだめだめえええええっ・・・ああああああああああっ・・・だっ・だめえっ・・・いっ・逝っちゃうっ・・・あああああああっ・・・また逝っちゃううううっ・・・ゆるしてえええええっ・・・んはああああああっ・・・逝っちゃうううううううっ・・・」