• [ディーゼルマイン] 誘惑の団地妻たち ?快楽に溺れる熟れた肉?

    価格:1,944円

    [ディーゼルマイン] 誘惑の団地妻たち ?快楽に溺れる熟れた肉?
    □シチュエーション
     欲求不満な人妻の本気自慰を覗き見
     熟れた人妻同士の汗まみれ汁まみれレズプレイ
     筆下ろしは妖しい人妻の手ほどきで…
     満員電車で発情した人妻と痴漢プレイ
     旦那と電話中の貞淑な妻に後ろから挿入!
     ママ友がすぐそこに居る状況で種付けセックス
     うら若い新妻に裸エプロン&寝取りファック
     子供が寝ている横で獣のような連続交尾
     強気な女性を裸に剥いて夜の散歩&青姦
     新妻の雌の本性を呼び覚ます汗みどろセックス
    □あらすじ
    —————————————————————————–
     夏休み前。
     突然アパートの家賃を値上げすると言われて困っていた俺に
     「しばらく自分の代わりに団地に住んでくれないか」と叔父が頼んできた。
     急な海外赴任を命じられて、その間の部屋の管理をしてくれる人を
     探していたらしい。俺は二つ返事で引き受けた。
     最初は慣れない生活に戸惑ったものの、近所の奥様たちとも
     次第に仲良くなり、色々と世話を焼いてもらえるまでになっていた。
     そんな、ある日。
     中でも特に色っぽいミドリさんに頼まれて扇風機を直しに行った俺は、
     出来心で入浴中の彼女を覗き見してしまい……見付かってしまう。
     平身低頭で謝ると「許してあげる代わりに手伝ってほしい事が有るの」と
     言われた。
     なにやら、ミドリさんにはもっと親密になりたい女性がいるらしい。
     「親密になって……どうするんですか?」
     「私のお友達を紹介して、仲良くなってもらう……それだけよ」
     そう言って妖しく微笑むミドリさん。
     女性に友達を紹介して……仲良くなってもらう? それって……
     「協力してくれるわよね?」
     他に選択肢は無かった。
     次の日から、俺は仲良くなった団地住まいの人妻たちへとある行為を
     仕掛け始める。
     そうして、真夏の熱気が籠もる部屋で俺が見たのは……。