• [Biophile] 身バレ屋外露出

    価格:756円

    [Biophile] 身バレ屋外露出
    -概要
    人にいえない趣味をもつ美咲。クラスの不良に呼び出されて…
    -基本情報
    基本CG15枚
    差分込み74枚
    10000字程度のストーリー付き画像同梱
    画像サイズ:1200*1600pixel
    ファイル形式:JPEG
    -本文サンプル
    —–
    (…だれもいない、よね)
    平静を装いながら注意深く周囲をうかがう。明け方の草原にはまだ、青白い夜の空気がただよっている。視界は開けているが人かげはない。すでに身体がほてり、ほほが上気しているのを感じる。
    下着に指をかけ、意を決していっきにずり下ろす。ワンピースのなかに入り込んだ空気が下腹部をなでる。朝露にぬれた若草がふくらはぎをくすぐる。
    (…ぜんぶ、ぬいじゃおっかな)
    —–(中略)—–
    「…は、はい…」
    「どうすればいいか、教えたよね?」
    「…美咲のおま*こに、…みられてぐちょぐちょにぬらしてる美咲のスケベなおま*こに…」
    後輩達は血走った目で遠慮なく美咲を視姦している。興奮した荒い息遣いと、携帯のカメラを操作する音だけが響き、美咲の次の言葉を待ちわびている。
    「…お、おち*ちんをいれて、いっぱい、いっぱいずぽずぽしてくださいっ」
    「よーし、よくいえたね。じゃぁ挿れていいよ」
    「は、はいっ…、んっ…」
    美咲は一旦腰を上げ、高橋のものを下腹部にあてがうと、おそるおそる腰をおろしはじめる。生まれたての小鹿のようにひざが震え華奢な脚が懸命にバランスを保とうと試みる。
    「…んっ、あんっ…、あ、あの、全部、はいり、んっ、…ましたぁ」
    あまりに扇情的な様子に、がまんならなかったのか後輩の一人はすでに自分のものを手でしごいている。
    「美咲ちゃん、オカズにされてるよ?」
    「…あ、あの…は、はい、んっ、あんっ」
    「嬉しいんでしょ?」
    「は、はいっ、んっ、う、うれしっあっ、うれしいですっ」
    高橋は腰をゆすり、美咲に言葉を続けるようにうながす。
    「はだかで、おまたひらいて、んっ、せっくすしてるとこっ、みられちゃって」
    「おとこのこたちのっ、あんっ、おなにーのっ、んっ、オカズにされちゃって」