• [AgeRatum] 強制発情物語

    価格:108円

    [AgeRatum] 強制発情物語
    ・前作(強制発情物語-j○編-)の続編(短編小説)です
    ・前作のあらすじ
     オナニー一万回記念で謎の力をもらった主人公。力をくれた存在からえっちをした
    い相手の目を見つめれば理解できると言われる。その日の通勤中、j○と目が合って
    しまう。するとj○は周りの目を気にすることなくキスをしてきたのだった。慌てる
    主人公をよそに一向にやめる気配のないj○。周りが気になりみてみると、何と全て
    が止まっていた。これがもらった力だと理解した主人公はj○とのえっちを楽しむ事
    にしたのだった。
     それからしばらくしてj○の中に盛大に種汁をぶちまけてしまう。やってしまった
    と思う主人公とは裏腹にとろけ顔のj○。そんな顔を眺めていると何かに引っ張られ
    るような感覚にとらわれる。そして気がつけば、j○と目が合った瞬間まで巻き戻っ
    ていたのだった。下半身に違和感を感じる主人公。慌ててトイレに行くj○。そんな
    こんなで何とか一日を終え、家に帰りついた主人公はj○とのえっちを思い出して、
    オナニーに励むのであった。
     P.S.女性の頭の上には変なマークが咲いていた。
    ・大きさ
    579×816
    ・72P(あらすじ1P含む)