• [巨乳美少女専門店・官能小説書房] 爆乳美少女の大冒険・完全版

    価格:756円

    [巨乳美少女専門店・官能小説書房] 爆乳美少女の大冒険・完全版
     爆乳美少女の大冒険・完全版
     著者 星咲 光
     目次
     第一章 恋する乙女はHカップの爆乳です
     第二章 天才美少年と、学園一の巨乳美少女が、日曜日にデートをしました
     第三章 意識が朦朧としている美少女は、豊満な双乳を揉み解されました
     第四章 処女を喪失しました
     第五章 彼女の豊乳と、彼のペニス
     第六章 艶声と、喘ぎ声と、オルガズム……
     主人公紹介・桜みちる
     彼女は発育が良く、数年ほど前から著しく成長し始めた胸の膨らみは今でもまだ留まることを知らずに、自らの意思とは関係が無く、どんどん大きくなる一方でした。
     なんと、この年代ではとても珍しいことに、彼女のバストはHカップです。
     セーラー服を中から押し上げている双乳の膨らみが特に目立つ生徒で、男子たちからじろじろ見られることが度々あります。
     そのため、一度はコンプレックスになっていたHカップの豊乳ですが、思春期の彼らから性欲の対象にされて、嫌らしい視線を胸元に這わせられているうちに、心と躰が慣れました。
     次第に、彼女のコンプレックスは無事に解消されました。
     少し大人になった今は、廊下で擦れ違う男子たちから胸ばかりを見られたとしても、動揺したり、混乱したりしません。
     特別に際立つ爆乳の下を伸びているウエストは太いわけではなく、それほどくびれているわけでもありませんが、どちらかと言えば、彼女の腹回りはやや細い方に見えます。
     優美な曲線を描く腰から脚にかけてのラインは、思わず生唾を飲み込むほど艶やかで、肉感的なその巨尻には、まるで異性を挑発することを目的としているかのように、適度な脂が乗っています。
     長くも短くもないスカートの丈から、太くも細くもない普通の脚が伸びていますが、色白で健康的ですから、見られることがよくあります。
     彼女の官能的な顔と躰は異性を擦り寄らせる色気や温かみがあり、成熟した大人の雰囲気すらあります。
     彼女は自分でも知らぬうちに思春期の彼らを欲情させることが多く、廊下で擦れ違う男子たちが、その優雅な後ろ姿を振り返るほどです。
     日々の学園生活の中で、彼女は胸やお尻に異性からの嫌らしい視線を感じたことなら何度もありますが、誰も彼もがこの豊満な躰を目当てにしているだけに決まっていますから、特に相手にする必要は無く、あまり気にしないようにしています。
     学業に専念するためと言うよりも、恋する乙女は恋愛に夢中なため、アルバイトをしていません。
     ずっと憧れていた美少年との恋が実り、彼の部屋で処女を捨てることを決意した彼女は、生まれて初めてのオルガズムを体感しました。
     みちるの恋人・沢登拓也
     彼女がこの美少年から感じている魅力は、端正なその外見だけに留まりません。
     頭脳明晰な彼は、学力テストの結果で、常に一位の座に君臨しています。
     そのため、両親や教師たちから東大合格も決して夢ではないと大きな期待を寄せられていますが、本人にその気はありません。
     運動神経抜群の彼は、常勝バスケ部のエース的存在でもあり、顧問からキャプテンを任せられて、チームメイトからの信頼も厚く、全校生徒の憧れの的です。
     その完璧なまでの美少年にラブレターを手渡した女子生徒はもはや数え切れないほどに多く、バスケ部の練習試合では彼が得点を決めるたびに、客席から黄色い声援が会場全体に響き渡ります。
     校内、校外を問わず、若い女性から絶大な人気を誇る彼ですから、セックスに不自由な思いをしたことなんて一度もありません。
     この歳で、既に百人以上の女性と寝ていることで有名です。
     もちろんのことですが、処女を喪失させた経験もありました。
     彼は性行為が大好きで、同じ学園に通う女子生徒を悦ばせたり、逆に泣かせたりすることが楽しくて止められません。
     天才美少年は、マスターベーションなんて殆どしません。
     この年代の男子にはとても珍しいことに、全くと言ってもいいほどしていませんでした。
     そんな彼も、今までに一度だけ、自室でペニスを握り締めたことがあります。
     一人の女子生徒の顔と躰を脳裏に思い浮かべて、上下運動による摩擦から生じる快感を楽しみながら、射精をしたことがありました。
     彼が思うにそれは恥じらうべき行為ですが、恋をしていたし、思春期ですから当然のように欲情します。
     性欲を我慢することが出来ないのは、天才美少年と言えども例外ではありません。
     放課後、屋上で幼馴染みの桜みちるから愛の告白を受けた彼は、迷うことなく交際に同意しました。
     学園一の巨乳美少女からその豊満な双乳を躰に押し付けられて、断る理由なんてどこにもありません。
     自室へ連れ込み、高級ワインを飲ませて意識を失わせてから彼女の処女を喪失させた彼は、雨が降っていることを理由に、家には帰らせず、そのまま寝かせました。
     星咲光が描く、官能・エロライトノベル第一弾!