• [U.F.D.C.] 多種族間問題解決委員会(3)

    価格:220円

    [U.F.D.C.] 多種族間問題解決委員会(3)
    ○『壊壁』と呼ばれる世界規模で発生した現象によって空想の存在とされていた様々な種族が実在する様になった世界。
    多くの種族との共存は様々な問題を起こし、その問題を専門に解決する『多種族間問題解決委員会』が設立された。
    偶然、智也とキルメスが交わっている現場を目撃してしまったセテはその日から体がほてる異常を感じていた。
    そんなある日、智也は委員会に来ていないセテを探していると空き教室の床に座り込んでいたセテを見つける。
    智也がセテに声を掛けて近づくとセテは智也の腕を掴み組み伏せた。
    「お兄ちゃん!セテ、もう我慢の限界!!」