• [honey lounge] 人間バイブ

    価格:1,296円

    [honey lounge] 人間バイブ
    小さな人間を生きたバイブとして使う……。
    クラスメイトたちのそんな噂話を、東雲(しののめ)さつきは笑って流す。
    彼女は真面目な優等生で、清楚な印象の美少女。
    だが、彼女こそ人間バイブを常用する女の子であった。
    校内では携帯に適した1/20サイズの小人を使用する。
    今日もトイレで自慰行為にふけるさつき……。
    大きいものを使いたいときは、人間バイブを置いている店に出向く。
    刺激を求めるさつきは、1/10サイズで体格の良い男を薦められる。
    その男は助けを求めるが、さつきにとってはただの道具に過ぎない。
    必死の呼びかけもむなしく、男はただひたすらに、生きた肉棒として挿入されていく。
    様々な体位で使用される男。
    性玩具として弄ばれていく中で、男は自らの存在を自覚し絶望することになる。
    (全48ページ)