• [フリー・センテンス] 異種姦鬼畜凌辱ショート・ストーリー集

    [フリー・センテンス] 異種姦鬼畜凌辱ショート・ストーリー集

    本作品はイラストの無い文章だけのショートストーリー集となっております。
    ~~以下、各ストーリー解説~~
     イビル・ワームの生餌にされた盗賊少女
     ・・・・・・ルドマー王国の北西部に位置する「深遠の森」。そこに生息する陸生軟体触手動物イビル・ワームの粉末は高値で売買されていた。このイビル・ワームは洞窟や岩場の奥底に潜んでおり、捕まえるためには「人間の若い娘」を「生餌」として釣り上げる方法がもっともポピュラーな捕獲方法として知られていた。
     貴族の屋敷に侵入し、捕まってしまった盗賊少女レベッカ・アニエスは、イビル・ワームを捕獲するため、その身を「生餌」としてイビル・ワームに蹂躙されることになる・・・・・・。
     文字数5300文字
     雌牛にされた姫の物語
     ・・・・・・大陸を席巻するグレンデル帝国。その国を統べし「狂帝」ガルドラの後宮は「畜舎」を模した造りとなっていた。そこでは滅ぼした国々から供された姫たちが、一切の人権を剥奪された「家畜」として飼育されていた。小国リスニアの若き姫マーガレット・リスニアもそのひとりであった。
     彼女は自分の命と引き換えにガルドラを討とうとするが、しかし失敗してしまう。そして「雌牛」となることを強制させられるのであった・・・・・・。
     文字数6650文字
     異形と化した騎士とソレを愛した魔法使いの物語
     ・・・・・・身分の違いから駆け落ちの道を選んだ騎士ホルスと魔法使いのライザ。放たれし刺客から逃れ、逃避行を続けるが、騎士のホルスが呪いの刃を受け、異形の怪物と化してしまう。
     ホルスはライザに自分を置いて逃げるよう懇願するが、ライザは異形と化したホルスを受け入れて、異形の蹂躙にその身を捧げることとなる・・・・・・。
     文字数5650文字
     妖蟲の苗床になった退魔巫女
     ・・・・・・語り手が、かつての悲劇を物語る。
    恐ろしい妖蟲どもに支配されていたその土地に、ひとりの退魔巫女がやってきた。事情を聞いた巫女は妖蟲どもを退治するためにその住処へと向かうが、多勢に無勢で敗れてしまう。
     妖蟲たちに捕まった退魔巫女は、語り手が見ている目の前で、その身を蹂躙され、身体のいたるところに虫卵を産みつけられてしまう。そして、穴という穴から蟲たちを産み出すのだった・・・・・・。
     文字数4500文字
     ショートストーリーということで、叫び声や喘ぎ声は必要最小限の記載となっております。
     どの作品も過激に仕上がっておりますので、どうぞお愉しみください。