• [すたじおいいね] 僕の童貞丸出しな願望のすべてを余すことなく叶えてくれる彼女

    [すたじおいいね] 僕の童貞丸出しな願望のすべてを余すことなく叶えてくれる彼女
    〜あらすじ〜
    午後の体育を抜け出した僕は、同じクラスの美少女、麗羽(うらは)ちゃんの使用済の箸を舐めていた。
    舐めるのに夢中だったから、声をかけられるまで背後の気配に気づけなかった。
    「あの……それ、私の箸ですよね?」
    麗羽ちゃんは驚いていたけど、怒ってはいなかった。
    そして――予想もしていなかった言葉を、僕に投げかけた。
    「そんなに私の唾が好きなら、私が直接、飲ませてあげましょうか?」
    こうして僕と麗羽ちゃんの、濃密すぎる二人だけの時間が始まった――。
    〜トラックリスト〜
    ■01.うらはちゃんの唾液が飲みたい(17:40)
    麗羽ちゃんに多量の唾液を口の中へと流しこまれ、僕は思わず射精した。
    「顔、とろけきってますよ……? 麗羽ちゃんの唾を口に含んだまま射精するのが、そんなに気持ちよかったんですか?」
    ■02.うらはちゃんとキスがしたい(14:20)
    僕にキスはまだ早いと言って、麗羽ちゃんは僕の耳元に唇を寄せ、キスの音だけ聞かせてくる。
    キスをする妄想を麗羽ちゃんに手伝ってもらっているうちに……僕は射精していた。
    「そうすると、ほら……まるで本当に、麗羽ちゃんとディープキスしてるみたいじゃないですか?」
    ■03.うらはちゃんにハグされたい(15:49)
    下着姿の麗羽ちゃんに素股をされて、僕はあっけなく射精した。
    「服を着たままハグをするよりも、こうして性器を密着させたほうが、何十倍も、何百倍も、麗羽ちゃんと繋がってるって感じがしませんか?」
    ■04.うらはちゃんの匂いを嗅ぎたい(18:20)
    麗羽ちゃんの汗の匂いに包まれ、ぼんやりとした意識の中……僕は自分でも気づかないうちに射精していた。
    さらにその後、お尻の穴の匂いも嗅がせてもらって――
    「女の子の甘くていい匂いがしますか? ふふ、そんなわけないですよね? 絶対、いい匂いなわけないですよね?」
    ■05.うらはちゃんのおしっこが見たい(13:28)
    麗羽ちゃんの放尿を口で受け止め、感極まった僕は全身を震わせ射精した。
    ……だけど、僕はふと、我に返って。
    「くすくすっ、私、知らなかったです。童貞にも、賢者タイムってあるんですね」
    ■06.うらはちゃんとセックスしたい(20:50)
    ――そして僕は、麗羽ちゃんの膣内で射精した。
    総再生時間 1時間40分27秒(約23,000文字)
    総射精回数 12回
    SEなし版も同梱
    CV:思ちぽ
    企画・シナリオ:イーイーイーヤ