• [うさロボ屋] 去勢女医 性犯罪者が手術を受けようとした女医は元被害者だった!地獄の去勢リンチが始まる! 玉潰しの果てに男を待つのはチン切り去勢綱引き!【金責め】【CFNM】

    価格:216円

    [うさロボ屋] 去勢女医 性犯罪者が手術を受けようとした女医は元被害者だった!地獄の去勢リンチが始まる! 玉潰しの果てに男を待つのはチン切り去勢綱引き!【金責め】【CFNM】
    「去勢はいいけどそのまま絶望という悲惨なオチは勘弁して欲しい」
    「女医に麻酔をされて股間を責められるシチュエーションに燃える」
    「大勢の性犯罪被害女性に男一人で襲われ、キ〇タマを責められる妄想に燃える」
     
    そんなあなたのための作品。
    玉潰しで去勢描写あり
    一物を切り落とす描写あり
    両方ともナノテクですぐに治るので一時的なファッション去勢
    全体的に男はフルチンで女は一切脱がないCFNM
    文字数約二万 挿絵十枚 登場人物紹介三枚 おまけ二枚
    体験版 一章 挿絵四枚 登場人物紹介三枚 おまけ二枚
    ストーリー
    性犯罪者の主人公は巨乳女医の病院で盲腸の手術を受ける。
    女医は彼にレイプされたことがあった。
    麻酔で動きだけ止められ、痛覚はそのままで男性器拷問を受ける。
    片金を潰した所で心が折れる女医。
    主人公を逮捕させるために呼んだ婦警に励まされ、去勢を再開。
    産婦人科でもある病院にあった妊婦用の台に縛り付けて辱め玉潰し。
    主人公の携帯にあった被害女性の写真で女性たちを集め、さらに多人数での去勢リンチ。
    最後に一物にピアノ線をくくり、女性三十人と主人公一人で綱引きをして、
    負けた主人公の一物がピアノ線で切り落とされる。
    治るから大丈夫だが、治る前に記念写真を撮る被害女性たち。
    章立て
    1章 患者=元レイプ魔・女医=元被害者
    患者の自由を麻酔で奪いつつ、痛覚はそのままにする女医
    縮んだ一物の大きさを測るためと言って金握り 金責め
    よろける振りをして股間に肘を叩き込む 金責め
    肘をすりこぎのようにしてキ〇タマを磨り潰す 金責め
    キ〇タマにデコピン 金責め
    手で素早くキ〇タマを叩く 金責め
    メスを素振りして、間違えて一物を切ったと嘘をついて怖がらせる 去勢言葉責め
    拳を股間に叩きつける 金責め
    2章 キ〇タマ対金槌の勝敗の見えた戦い
    キ〇タマを握り締める 金責め
    鉄製の洗濯バサミのようなもので一物を鋏まくる 一物責め
    はさみで一物の皮を引っ張り、少し切る 一物責め
    鉄製洗濯バサミを無理に引っ張って取る 一物責め
    金槌で股間を叩きまくる、右玉直撃で粉砕 金責め・片玉潰し
    3章 産婦人科の台に乗せられて
    麻酔が切れて逃げ出すが、やってきた婦警に警棒で金打ちを食らって掴まる 金責め
    巨根を褒められつつ、千切れるほど引っ張られる 巨根褒め・一物責め
    県の司法関係者は女性ばかりだから性犯罪者への扱いは厳しいと脅される 女性優位ネタ
    金属製の洗濯バサミで玉を逃げられないように挟まれ、金槌で殴られる 金責め・去勢
    ナノテクですぐに治され、警棒の柄で叩き潰される 金責め・去勢
    4章 逃走、去勢リンチ
    またも逃げるが、呼び集められていた被害女性に寄ってたかって捕まる 女性集団によるリンチ展開
    一物を握って引っ張られ、つま先金蹴り 一物責め、金責め
    大の字に押さえ込まれ、十人ほどの女性にキ〇タマ踏み潰しを食らう 金責め・去勢
    5章 チン切り去勢綱引き
    タライにキ〇タマを乗せて踏み潰される 金責め・去勢
    数時間去勢リンチを食らって何度も潰される 
    一物にピアノ線をつけ、女三十人と一人で綱引き、負けて根元から切れる チン切り・去勢
    一物を治す前に女たちに記念写真を取られる CFNM
    作中の挿絵等には
    きまぐれアフター 様 『著作権フリー立ちキャラクター絵素材集vol.1』
               『著作権フリーイベントCG素材集vol.1』
    Blue Forest   様  立ち絵素材集 Vol.11働く女性編
               ゲーム制作用立ち絵素材集 Vol.4 活発系ヒロイン編
    汚素材屋   様   体育教師 KENTARO
               キモオタ MOSAO
               麗001 RUI
                                    等を使用しております。