• [江呂須堂] I – H vol.12

    価格:972円

    [江呂須堂] I - H vol.12

    「彼の描いた花乙女に恥じぬ振る舞い… 見事な化けっぷりだ。
     仮面で素顔を隠した昼間の装い… 辛くはないかね?
     自身の真の姿から目をそらさず、向き合うんだな」
    「安心したまえ。君がよからぬ行動に出ない限り
     この映像や画像は人目に触れることはない」
     中隊長をさんざん玩び、辱めに興じたエロオヤジ参謀長は、
    録画データを手中に、屈辱的な言葉を浴びせながら尚もいたぶり続ける。
    尊厳を踏みにじられ、愛しい彼までも侮辱された中隊長の胸中。
    何かが弾け、ブチ切れるのを彼女はもう制止出来なかった。
    「I – H」シリーズの第12話です。
    本編 55 p