• [スタジオレイン] ヤンデレ女神官といちゃらぶ監禁生活

    [スタジオレイン] ヤンデレ女神官といちゃらぶ監禁生活
    ヤンデ゙レ女神官といちゃらぶ監禁生活
    ◯キャラクター
    神官ミヤコ 24歳
    基本的に優しくあまあまで包容力がある性格だが、
    重いヤンデレ要素もある。
    ◯ストーリー
    深い森の中で致命傷を負ったあなた。
瀕死になりながら教会を見つけ、神官ミヤコに助けられる。
    ミヤコの必死な看病のおかげで助かることができ、
    ミヤコに気に入られた主人公はミヤコに一方的な愛を
    受け止めることになる。おねしょたストーリー
    ○音声内容
    ●(1).救出
    「神よ……ん?」
    「ど、どうなさったのですかっ!」
    「酷い怪我……熱も高いですね……」
    「こちらへ、すぐに治療いたします」
    再生時間:04:33
    ●(2).重い抱擁
    「それにしても彼……」
    「とても酷い怪我を負っても」
    「魔物退治を辞めると言わなかったわね……」
    「いけないわっ!」
    「私ったら……私は神にこの身を捧げた者。」
    「こんな感情は持ってはいけない……でも……」
    「彼に純潔を捧げることができたら……」
    「どれほど素敵なことかしら」
    「純潔を捧げて、」
    「もし、この身に彼の子を授かれたら……」
    「素晴らしいことだわっ!」
    「そうよ、」
    「日々世界を救っている彼の子なら……」
    「宿しても悪くないはずだわ。」
    「神もきっと分かってくださる……」
    再生時間:19:36
    ●(3).愛のための束縛
    「私は貴方を旅に」
    「戻すことはできません」
    「だって、もう私達は夫婦ですもの。」
    「大切な旦那様をそんな危険な場へ」
    「向かわせるわけにはいきませんわ」
    「貴方はずっとここに、」
    「私と一緒にいるんです。」
    「夫婦なんですから、」
    「当然のことですよね?」
    「いつ夫婦になったかだなんて、」
    「おかしな方。」
    「私の純潔を捧げた時点で」
    「そうなったじゃありませんか」
    再生時間:16:49
    ●(4).記憶の上書き
    「大丈夫ですわ。」
    「私があんな女のこと、」
    「すぐに忘れさせてあげますから」
    「だって、私達は夫婦なのですから、」
    「もう元の恋人の記憶など不要でしょう?」
    「心配しないでください。」
    「こうやって……私の腕の中で」
    「少しじっとしていてください。」
    「身をゆだねて……」
    「そう、ゆっくり、目を閉じて……」
    「これでもう、」
    「あんな女のことは全て忘れましたね。」
    再生時間:39:34
    ●(5).幸せな暮らし
    「赤ちゃんまで宿ったのですから、」
    「もう何処にも逃げられませんし、」
    「一生私と一緒にここで暮らしましょうね」
    「うふふっ、独り言のようなものですわ。」
    「気になさらないで。」
    「でも、本当にこれからも……」
    「よろしくお願いいたしますね……」
    再生時間:04:52
    総再生時間:01:25:29
    ————————————————————–
    【シナリオ】
    蔦屋育様
    【声優】
    柚木桃香様
    【イラスト】
    でゆ山様
    ————————————————————–