• [いちのや] 守り神とふたりぐらし。 ~ささやき、耳かき、添い寝と癒しのひととき~【フォーリー】

    [いちのや] 守り神とふたりぐらし。 ~ささやき、耳かき、添い寝と癒しのひととき~【フォーリー】
    ○コンセプト
    ズバリ! 「寝れる!」です。
    特に身のないお話をしたり、
    起伏の激しくないトーンで話したり、
    現代人の興味の薄いお話をしたり。
    聞き流しながらも、落ち着いた柔らかな声で癒やされるような、そんな作品となりました。
    少し達観した様子の儚い少女の声に、癒やされてみませんか?
    ○あらすじ
    亡くなった祖母の遺品整理をするため、人里離れた民家へ向かうことに。
    誰も住まなくなったはずの古民家は、どこか暖かさを感じる空気をまとっていて。
    そこには、どうしてか一人の少女が住んでいた。
    少女は問う──「見えるのですか?」、と。
    ○イチオシ
    効果音は『フォーリーサウンド』を採用しました!
    「少女の動きに合わせた演技」と「演技に合わせた効果音」の作り出すリアリティを
    どうぞお楽しみくださいー!
    ボイス収録はKU100を用いたスタジオ録音です。
    キャラクターがスタジオではなく古民家にいるよう表現するため、
    ボイスにはリバーブ効果をかけています。
    収録ブースで録られた閉塞感をなくして、広い空間にいるように思わせる効果があります。
    ○トラックリスト
    ー本編ー

    01 「見えるのですか?」(21:07)
    祖母の遺品整理をしていると、縁側から少女が入ってきた。
    我が物顔で部屋を歩く少女は、こちらを一瞥すると不思議そうな顔をする。
    彼女は『あやめ』と名乗った。
    しばらく会話をしていると、「散歩でもしましょうか」と手を引かれる。
    どうやら、見せたいものがあるみたい。
    02 「膝枕でもしますか?」(26:37)
    少女の作ったおやつを頂いたら、気疲れからかウトウトとしてきた。
    その様子に「どうぞ」と膝を差し出す少女。
    お言葉に甘えて膝枕に興じていると、
    「せっかくなので。耳かきでもしてみます?」と嬉しそうな顔をし始めた。
    03 「むしのこえ」(30:37)
    夏の終わり。季節の変わり目。
    それを告げるように、夜の虫の声たちも雰囲気を変えていた。
    都会では聞き慣れない音もたくさんある。
    少女は、その場景を表すように歌を唄い、
    星空に思いを馳せて本を読み、
    過去の主に面影を重ねて、静かな寝息を立てる。
    04 「さようなら」(06:50)
    今日で整理も終わり。少女と別れを告げる。
    この土地から出ることを許されない少女は、
    己の宿命を受け入れた達観した表情をしていた。
    悲壮感はない。それでも……どこか、寂しげな表情に見えた。
    ーおまけー
    1.「左耳かき」(05:28)
    2.「右耳かき」(05:10)
    3.「左添い寝」(15:30)
    4.「右添い寝」(15:30)
    再生時間:02:06:50
    ○ファイル形式
    ※本作品は、音声をバイノーラル形式で録音しております。
    イヤホンおよびヘッドホンでのご視聴をお勧めいたします。
    MP3 — 48kHz/320kbps
    WAV — 48kHz/24bit
    SE無し版は同梱されておりません。
    ○クレジット(以下敬称略)
    シナリオ・CV:一之瀬りとhttps://ichirito.jimdo.com/ >
    イラスト:富士フジノhttps://www.pixiv.net/member.php?id=12284281 >
    音声編集:三浦一(妄想研究所)https://twitter.com/circle_delusion >
    ロゴ・ジャケットデザイン:天乃あまねhttps://twitter.com/crimnut >
    制作:いちのやhttps://ci-en.jp/creator/3231 >
    ○Ci-enはじめました!
    ここだけの音源や作品の裏話、バイノーラルフリートークなどを
    限定公開中です!https://ci-en.jp/creator/3231