• [悶々堂] 快感に辿り着くまで……不感症の私の性処理業務

    価格:1,404円

    [悶々堂] 快感に辿り着くまで……不感症の私の性処理業務

    不感症だった私を感じさせようと、当時付き合っていた彼は
    色々な行為を試してくれた。
    それでも私は感じることができず、結局恋人に別れを告げられてしまった。
    おまけに職も失ってしまった私がたまたま見つけた求人広告。
    そこには「不感症の方優遇」の文字…。
    恋人も仕事もなくし、自棄になっていた私は勢い任せに応募ボタンを押してしまった。
    私の再就職先は大手上場企業の性社員。
    正確に言うと「性処理係」。
    男性社員の性処理をするという仕事だったが、性行為に何も感じない私にはうってつけだと思った。…思っていた。
    しかしいざ重役たちの相手を始めてみると、
    感じたことのない快感、嗅いだことのないおじさんの匂いに、
    私はやがて…――。
    ※本作品は原作者の協力により制作しました。