• [青豆腐] 豊穣の隷属エルフ5+おまけのまとめその2

    価格:648円

    [青豆腐] 豊穣の隷属エルフ5+おまけのまとめその2

    「豊穣の隷属エルフ2」に登場したアルフィリア姫のその後
    プロローグ
    アルフィリア姫は和平のため人間の王に嫁いだが、人間の王によって凌辱され
    さらには奴隷として売られてしまった。
    それから170年、アルフィリア姫は生きていた。
    170年間嬲られた体は醜く肥大化し、男を求めてチ〇ポ乞いをするその姿は
    もはや美しく森の宝石と称えられていた頃の面影は残されていなかった。
    そして当然だが、アルフィリア姫は人間たちの長い歴史の中で歪められ忘れ去られていた。
    奴隷貿易の街バルローニの有力者となっていたシャウアは、そんなアルフィリア姫のために年に一度とある祭りが開催する。
    「アルフィリア祭」
    姫の淫乱な肉体を慰めるため、アルフィリア姫”役”のエルフを街を挙げて犯しまくる乱交祭
    街の人々は姫”役”のエルフを肉欲に溺れた淫乱なエルフとして扱い、嗤い蔑みながら彼女を犯していく
    歪められた歴史の中、真実を知っているのは街に住む純血のエルフ達だけ・・・
    そして祭りは昼も夜もなく淫靡に続いていく
    本編の他に会場限定のおまけ本のC92~94までを収録しています。
    本文29p
    表紙2枚
    本文は大きいサイズと小さいサイズの二つがあります。
    今回は「豊穣の隷属エルフ5+おまけのまとめその2」と「豊穣の隷属エルフ6~被虐幼精~」が
    2作品同時発売となっております。
    どちらも楽しんで頂けたら幸いでございます。
    ※「豊穣の隷属エルフ2」に登場したアルフィリア姫のその後を描いた作品ですが、ストーリーは「豊穣の隷属エルフ4」の続きとなっております。
    ※フランス書院、美少女文庫から出版「豊穣の隷属エルフ 奪われた王国」からアルフィリア姫の母ベアトリスが登場しております。
    同人誌では未登場のキャラですので、ご興味がある方はぜひ小説版「豊穣の隷属エルフ 奪われた王国」を読んでみて下さい。