• [ウタカタ] 【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 薄暑の読書【バイノーラル・癒やし】

    [ウタカタ] 【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 薄暑の読書【バイノーラル・癒やし】
    ■プロローグ
    季節は薄暑。
    男は宿の予約をしていた。
    その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。
    僅かに夏の匂いを感じさせる暑さが心地よく、散歩するだけでも気分がよくなる季節。
    青葉や若葉は風に揺れひときわ美しく、午前に降ったであろう雨に濡れて爽やかさが薫っていた。
    バス停から降り、宿へ着く。玄関を通り、部屋へ入ると一人の女性がぼんやりと外を眺めていた。
    【紅花】
    「……お。いつ来るかと思ったら、夕方に来るとはね。てっきり旦那様のことだからお昼頃かと予想してたんだけどね。」
    女性は余裕たっぷりに男を出迎えた。
    ■作品構成[収録内容:1時間6分程度]
    ・夕の部
    1:宿のお部屋で(4:30)……久々の出会いのあなたと紅花。軽い世間話と思い出の話し。
    2:薄暑の読書(19:22)……雑魚寝で昼寝。紅花はあなたの隣で読書をしつつ独り言。ゆっくりと流れる時間と吐息や言葉でリラックス。
    3:両耳かき(12:45)……いつもと同じ耳かき。だけどいつもと同じだからこそいいのです。季節のことなどざっくばらんに話しつつ。
    ・夜の部
    1:準備と雰囲気(3:41)……夜。水音と月明かりで場の雰囲気を準備。互いにその気になるよう、紅花はあなたを誘います。
    2:耳舐めとお世話(19:58)……左右交互の耳舐め。気持ちよくなってくれないと困る、と紅花はあなたを最後までおもてなししてくれます。
    3:色んなお話(5:26)……息を落ち着かせての世間話。おやすみなさい。
    ■作品ポイント
    ・薄暑の読書……耳の傍で聞こえる柔らかい吐息とページをめくる心地よい音。きっとリラックスできるはずです。
    ・全てバイノーラル……全篇を通じてバイノーラルで収録しております。目を瞑り、布団に横になり、音に集中して頂き、この世界に是非没入してください。
    ・年長さんだからこそ……紅花さんはお宿でも年長さん。だからこそやるときは大胆に、そして言葉は回りくどくなく真っ直ぐと。
    ■出演
    紅花(こうか):北見六花様
    ■制作
    サークル:うたかた
    シナリオ,編集:尼子直次
    イラスト:池谷神楽
    ■同人音声サークル「うたかた」Twitterhttps://twitter.com/utakata2017