• [Snow Prism] 一途なアイドルと無知系H 一ノ瀬 桜花

    [Snow Prism] 一途なアイドルと無知系H 一ノ瀬 桜花
    CV:沢野ぽぷら
    ■内容
    リラックス(催眠誘導)・乳首舐め・フェラチオ・口内射精・生セックス・中出し
    (効果音あり・なし差分あり)
    WAV/MP3同梱
    ■総時間
    約34分 9トラック
    ■あらすじ
    《一ノ瀬 桜花(さくら)》は高校を卒業したタイミングで、
    兵庫県から上京し、《Happy☆Prism》の一員となった女の子。
    彼女は、少しでも都会の人達の心を掴めるようにと、
    独学で学んだ心理学を活かし、徐々に人気を獲得しつつある
    真面目なアイドルなのです。
    そんなある日、公演が終わり《Happy☆Prism》のメンバーと、
    チーフ以外のスタッフは、劇場を後にしていました。
    桜花は、チーフの仕事が一段落するタイミングを見計らって、
    チーフが仕事をしている事務所を訪れます。
    彼女には、チーフへの密かな想いが秘められていたのです。
    ■01.チーフの執務室で
    「チーフ、お疲れさまです。少しお時間いいですか?
     ……あ、いえ、みんなは、もう帰りました」
    「あの、わたし、チーフに相談したいことがあって、ひとり残ってたんです。
    そろそろ、チーフのお仕事が一段落するかなぁって思って
    来たんですけど……お忙しいですか?」
    「わあ、いいですか? ありがとうございます。
     あのですね、相談っていうより、お願いに近いんですけど……
     実は今日、初めてライブに来てくれてた方に、
     『笑顔に緊張がすごい出てたね。あまり、慌てすぎなくて大丈夫だよ』
     って言われてしまいまして……」
    「心配して頂けたのは嬉しいんですけど、ファンの方に
     気を使わせちゃうのは、アイドルとして良くないと思いまして。
     それで、調べたら……表情筋? というのを鍛えたら、
     自然な笑顔になるらしくて」
    「まりあさんに、トレーニング方法を教えてくださったんですよ♪
     それでね、ひ、ひとりで表情筋のトレーニングをやっても、
     ちゃんとできてるか分からないから……」
    「えっと……だ、だから、チ、チーフと一緒にしたいなって思って……
     こんなことお願いできるのって、チーフしかいなくって……
     どうでしょう……ダ、ダメですか?」
    「いいんですか!? よかったぁ。
     ありがとうございます♪」
    ■02.さくらと表情筋のトレーニング
    「あのね、目とか口を顔の真ん中にギューッと集めてから、
     息を吐きながら、パッと広げるといいんだって!
     じゃあ、どうしよっかな……あっ、奥のソファにしましょうか」
    「チーフは、わたしの隣に座ってください♪
     隣に座ってくれた方が、ちゃんとできてるか見やすいですし……」
    「えへへ。ありがとうございます。
     それじゃあ、いきますよ〜。
     ぎゅううぅ……ぱぁ〜。
     ……どうですか、ちゃんとできてますか?」
    「あの、これを1日5回ぐらいやればいいって言われたんで、
     あと4回、チーフも一緒にしてくれませんか?
     わたし、ひとりでするの、ちょっと恥ずかしくて……。
     ほんとですか?ありがとうございます♪」
    「……チーフのやさしさに、わたし、もう抑え切れませんよ……
     えっ、あっ、いぇ……なんでも……
     そ、それじゃあ、いきますよ〜、いいですか?」
    * * *
    「目や口を顔の真ん中に集めるように……
     ぎゅううぅ……息を吐いて、パッと広げて……
     ぱあぁー」
    「はい、ありがとうございます♪
     えへへ、チーフがパッってしたときの顔、可愛かったです。
     えっ? なんでわたしが、チーフの顔を見てたのかって……?」
    「……あぁっ! そういえば、トレーニングは、
     これだけじゃなかったでした……!
     次は、少し、変顔みたいになっちゃうみたいですけど……。
     まだ……お時間大丈夫ですか?」
    「……あれ、変顔をするのは、流石に嫌ですか?
     あはは、そうですよね。ざーんねん……でも、
     変顔をするところまで付き合ってもらうのは、
     さすがに、悪いですから、大丈夫です♪」
    「それにしても、チーフ、最近、お疲れじゃないですか?
     目をぎゅうってしてたとき、チーフ、肩までギューってなってましたよ」
    「あの、もし、良ければ、なんですけど……
     さきほど、トレーニングに付き合ってもらったお礼に、
     わたしが、チーフをリラックスさせてあげる……というのはどうでしょう?」
    「わたし、チーフが普段、頑張っているところ、ちゃーんと見てますから。
     だから、チーフがリラックスできるお手伝い、やりたいんです!」
    「……はい!ありがとうございます♪
     わたし、チーフのために頑張っちゃいます。
     それじゃあ、チーフは、このまま、
     ソファに横になって、目を閉じてもらえますか?」
    「ではまず、深呼吸しましょうか。
     肩だけじゃなく、体全体の力も、抜いてくださいね。
     リラックス、リラックスです♪」
    ■03.さくらとリラックス
    「はい、大きく息を吸ってー……大きく吐いてー♪
     大きく息を吸ってー……大きく吐いてー♪」
    「深呼吸を続けると、だんだんだんだん、気持ちがよくなってきますよね。
     腹式呼吸っていうんですよ〜……このままこのまま、リラックスリラックスです♪」
    「お腹を膨らませるイメージで、大きく息を吸ってー……大きく吐いてー♪
     大きく息を吸ってー……大きく吐いてー♪」
    「えへへ、いいですよ〜。
     ちゃんとリラックス、しちゃってますね♪」
    「……実はね、チーフ。わたし、もうひとつ、
     表情筋を鍛える方法、調べたんです。
     ……ふふ、チーフは、リラックスして横になったままでいいので、
     最初は、《上》と《下》、どっちがいいかだけ、教えてもらえますか?」
    「……はい。最初は上がいいんですね、分かりました。
     じゃあ、上からいきますね♪」
    ■04.さくらの乳首舐め
    「わたしがいいって言うまで、動いちゃダメですよ?」
     ……こぉら、チーフ、手も動かしちゃダメですよ」
    「えっ、どうしてシャツを脱がすのかって?
     表情筋のトレーニングに必要なんですよー。
     なんか、舌をペロペロ動かすといいんだって」
    「チーフが、最初は上がいいって言ったから、シャツを脱がしてるんですよ?
     服を着たままじゃ、ペロペロできないじゃないですか、だからです」
    「わあ、チーフの乳首って、ちっちゃくて
     キレイなピンク色してて……なんか可愛い。
     この可愛い乳首、ペロペロしてあげるね♪」
    「れろれろ……はあ、むう、れろれろれろ、
     ん、れろれろれろ……ど、どうかな、チーフ?
     わたし、ちゃんとペロペロできてる、かな?」
    「あむ……れろれろ……はあ、むう、
     れろれろれろ、ん、れろれろれろ……
     わあ、チーフの乳首、先が硬くなってきましたよ♪」
    「ということは、わたし、ちゃんとペロペロできてるんだよね?
     ねぇ、わたしのペロペロ、気持ちいい?
     あれ、なんにも言ってくれないんですか?
     それじゃあ次は、下をペロペロしちゃおっと……」
    「きゃっ……えっ、な、なに……お、男の人の、お、おちんちん、って……
     こ、こんなに大きくて、カチンカチンになるの……?
     こんなの、ほんとに、は、入るの……?」
    ■05.さくらのフェラチオ
    「じゃ、じゃあ、ペロペロするから、
     う、動いちゃ、ダメだよ……?
     根元から先っちょに向かって、舐めたらいいのかな……?」
    「れろれろれろっ…ぺろっれろっれろ…れろれろれろっ…
     ぺろっれろっれろ…ひゃぁん……お、おちんちんが、ピクンって……」
    「もう、チーフ……い、いきなり、動かしちゃダメだよ。
     えっ、動かすつもりはないけど、勝手に動いちゃうの……?
     お、おちんちんって……そんなこと、なるんだ……」
    「ん? 先っちょ、なんか出てるよ、なんだろ、これ。
     舐めちゃっていいのかな……えぇい、舐めちゃえ。
     ひゃん、ちょっと、にがい……」
    「じゃあ、チーフに気持ちよくなってもらうために、
     アタシ、もっと頑張らなきゃだね」
    「ん……れろれろれろ…れりょれりょれりょれりょ……
     このまま、チーフのおちんちん、ペロペロしてたら、
     せーし、出てくるのかな……?」
    「れりゅれりゅれりゅ…れりゅれりゅれりゅ…
     じゅぼ…じゅぼじゅぼ…じゅぼ…じゅぼじゅぼ…♪」
    「ど、どう? チーフ……アタシ、ちゃんとできてるかな? 気持ちいい?
     もっと早く動かした方がいいのね……わかった、やってみるね」
    「チ、チーフ……お、おちんちん、が……もっと、大きく……
     えっ? イキそう? せーし出そうってことだよね……
     いっぱいせーし出して……気持ちよくなって……」
    「うぅっ……! ん、ゴクン……
     あはっ、チーフのせーし……飲んじゃった……
     あれ? まだ、先っぽから、出てきてる……」
    「もう、せーし出てこないみたい、だね……
     ちょっと残念かも……えっ?なにがちょっと残念なのって……
     ち、ちがうよ、アタシ、ざ、残念なんて言ってないですよー」
    「ちゃんと専念できた、って言ったんだよ。
     ひょ、表情筋のトレーニングに……チーフのおかげだよ、ありがとうございます。
     なにか、お礼しなきゃだね……」
    ■06.さくらの想い
    ■07.さくらと生挿入
    ■08.さくらと生セックス
    ■09.さくらとこれから
    CV:沢野ぽぷら
    シナリオ:七聖叶愛
    グラフィック:七瀬ちおり
    制作:Snow Prism