• [Snow Prism] 傷心中のチョロ系お姉さんに媚薬を飲ませてホテルへお持ち帰り♪

    [Snow Prism] 傷心中のチョロ系お姉さんに媚薬を飲ませてホテルへお持ち帰り♪
    CV:そらまめ。
    ■内容
    キス・パイズリ・オナニー・キメセク・フェラチオ・口内射精・中出し
    (効果音あり・なし差分あり)
    (WAV/MP3同梱)
    ■総時間
    約49分 10トラック
    ■あらすじ
    《あなた》はバーで、お姉さん「安堂 律子」とふたりで飲み交わしています。
    律子は男性に二股されて振られ、傷心中のご様子。
    そんな彼女のグラスに、《あなた》はこっそり媚薬を仕込み、ラブホテルへ。
    目覚めた律子は、はじめは困惑するものの、徐々に体が火照る自分に気づきます。
    さらに、自身も媚薬を飲んだ《あなた》は、絶倫状態に!
    ふたりの激しい夜が始まるのでした。
    ■01.バーでの乾杯
    「もう最悪だったの! 聞いてる? ……そう、振られたのはショックだったけど、
     何より二股掛けられてた事が、もう……情けなくて……しかも会社内でよ!?」
    「あなたは優しいのね、酔っぱらってる私の話を聞いてくれて……
     へぇ、あなたも経験あるの? 私と同じね」
    「え? おごってくれるからもっと飲んで良いって? そんなの悪いわ
     ……そう? じゃあお言葉に甘えて、乾杯!」
    「このお店には特別なお酒があるの? へぇ、飲んでみたいわ!
     ……綺麗なブルーのカクテルね。じゃあいただき……目を瞑ってって、何で?
     魔法? ふふ、面白いわね、あなた。じゃあ、目を閉じるわ。魔法をかけて」
    「……もう良いの? あれ? ブルーだったのが、ピンク色のカクテルになってるわ、凄い魔法ね!
     じゃあ、いただきます! ……あれ? 何だかクラクラしてきたみたい。
     体が熱く感じる……何だか変な気持ち……」
    ■02.ラブホテルで目が覚めて
    「ん……誰? 私の名前を呼ぶのは……
     って、ここホテル……!?」
    「私、今、凄く……あなたに触れたい……良い?
     え? まずはキスから? そうよね……ちゅっ、ん、ふぅ、んっ」
    「ちゅっ、んっ、ちゅ……乳首なんかにキスしても良い?
     ちゅっ、ふふ、可愛い乳首。キスだけじゃ勿体ないわ
     んっ、ちゅうう、はぁ、はぁ、やだ、私が感じてきちゃう」
    「ふふ、最後にとっておいた場所もキスするわよ。
     でももう、こんなに大きくさせて……私のキスで感じてたの?
     嬉しいわ。じゃあ、ご褒美に、おちんちんにキスしてあげる」
    「ちゅ、くちゅ、くぷ……はぁ、はぁ、大きいのね、あなたのって。
     でも、とても美味しいわ……じゅる、じゅるるるる
     ちゅば、ちゅるる……ふふふ、ああ、美味しいわ」
    「ねぇ、私の胸も触って。服を脱ぐから……あん、急ぎすぎよ。
     でも、何でかしら? もっと触れて欲しいって思うのは」
    「んっ、はぁ、はぁ、あぁん、乳首をそんなにクリクリしないでぇ♪
     余計に変な気持ちになっちゃう……胸でおちんちんをしてあげる♪」
    ■03.律子のパイズリ&生挿入
    「ふふ♪ 挟んで、上下に動かすわよ。
     はぁ、はぁ、んんっ、胸がこすれて……凄くエッチな気分に……
     あら、あなたも先走り汁が出てきてるわよ」
    「ああ、体が熱い……! あなた、あのカクテルにどんな魔法をかけたの?
     今直ぐにもあたなが欲しいわ。あなたもそう思ってくれてるのね、嬉しいわ」
    「はぁ、はぁ、この硬くて大きなおちんちんが
     私の中に入って来るのね……挿れるわよ♪」
    「んっ! 大きっ……! はぁ、はぁ、んんっ!
     ああ、半分入ったかしら? 全部挿れたい……私の奥まで……
     はぁ、はぁ、んっ、凄く感じる……!」
    「動いて良い? って言うか、動きたいわ。体がムズムズするの……まだ駄目? どうしてよ。
     ……私の熱を感じたい? もう十分でしょう? お願い、動かせて。もう我慢出来ないの!」
    「……んっ、ああ! 熱い塊が……はぁ、はぁ、んんっ!
     私の奥を突いて……気持ち良い! あぁ! やだ、何でこんなに感じるの!?
     凄く私の中が敏感になって……! はぁ、はぁ、ああ! 凄く、良い!
     腰の動きが止まらない……! どうにかなっちゃいそう♪」
    * * *
    「んあ! ああ! そんなに突き上げられたら、またイッちゃいそう!
     ひゃん! ああ、あああ、あなたのおちんちんが大きく……!
     イク……イッちゃう! 止まらない……!」
    「イッて! 私もイキたいから……! お願い……! もう堪らないの!
     あっ! あっ! あぁああ! 熱いのが奥に注がれ……!
     え? イッたのに、まだ大き……? 私をイカせる為?」
    「じゃあ、イカせて……! 本当に苦しいの! 後少しで、イキそうなの!
     あああ! また突き上げられて……! あ、ああ、イク、ああ、ああぁああああ!」
    「はぁ、はぁ、はぁ……二回も連続でイッタの初めて……」
    ■04.律子のお掃除フェラ&オナニーアクメ
    「……あなたのを綺麗に舐めさせて♪ じゅぷ。じゅる、じゅるるるる
     ちゅ、れろ、あむ、じゅぷじゅぷ。ああ、何で!?
     また、体がムズムズしてきたわ……!」
    「あなたが欲しい……! あ、あなたのおちんちんを中に……欲しいの!
     勃たせるから……くれる? うん、頑張るわ♪」
    「ちゅっ、はぁ、ん、ちゅるる、じゅぷ、じゅぷ、じゅる、はぁ、はぁ……。
     え? 私の蜜が滴ってる? や、そんな恥ずかしい事……
     おちんちん、もう良い? まだ? 早く欲しいの!」
    * * *
    「え? 一回自分でしてイッてみてって……
     そんなの恥ずかしいわ。そそられるの?
     なら……する」
    「……んんっ! はぁ、はぁ、やっぱり凄く敏感になってる。……え? 二本入れるの?
     ……あぁああ! はぁ、はぁ! 入ったけど、辛い……あなたのが欲しいわ」
    「分かったわよ、一回イケば良いのね。
     んっ、ああ、ふ……んん! ああ、気持ち良い!
     あなたに見られてると思うと、何だか感じちゃう♪」
    「んあ、はぁ、はぁ、やだ、自分でイクなんて……でも、でも指が止まらない……!
     ああ、んあ! イク、あなたの目の前で、自分の指で……イッちゃう!
     はぁ、はぁ、んっ、あん! ああ、イクよ……イクぅ……!
    「ほら、約束よ。今度は、あなたのを頂戴! 私の中に!」
    ■05.律子と2回目の生セックス
    「早く……欲しい! 挿れるわよ……ああぁん!
     やっぱり私変だわ! こんなに何回もイッても
     あなたが欲しいなんて……♪」
    「ああ! いきなり挿れないで……! でも、気持ち良い……! とろけそう♪
     あなたのおちんちんが私の中で動く度に、こすれて、又違った感覚が……!
     わ、私が動くから……ひぃん! そんな、突き上げないで! 又直ぐにイキそうになっちゃう!」
    「やめ、て……! 腰を持って上下に動かしながら突き上げないで……!
     私、本当に、イキそうになっちゃう! だって、凄く気持ち良いんだもの!」
    「はぁ、はぁ、あぁ! また、波が来た……吞み込まれる……!
     イク、イッちゃう……! ああ、あああ、んあ、んんっ、
     ああ、あああぁあああ!」
    「はっ、はっ、はっ、はぁ、もう、今日は……え? あなたがイッてない……?
     締まりが凄く良くなったって……あ、あ、イッたばかりだから、そんなに
     激しくされると、あぁあああ! 熱い……!
    「あなたの精液……凄い量だわ。溢れてきてる♪」
    ■06.さらに律子とバックでセックス
    「……ちょっと休憩しましょう?
     え? いつも彼氏とはどんなセックスをしてたかって?
     普通よ? お互いに奉仕したり、楽しむ感じだったわ」
    「そりゃ、色んな体位はしたわ。でも、それって普通でしょう?
     ……あの、言いにくいんだけど、又体がムズムズしてきたの……
     何でなの……いつもはこんなに求める事なんかないのに……」
    「あなたのおちんちんを元気にさせたら良いのね?
     じゅぷ、じゅるる、ぐぷ、れろ……ちゅぷ、ちゅるる、
     ちゅっ、んっ……大分元気になってきたわ♪」
    「ぐぷ、んっ、じゅぷじゅぷ、はぁ、はぁ、ちゅるる、
     じゅる……どう? 今度はバック? 嫌いじゃないわよ。
     むしろ好きな体位だわ」
    「ねぇ、挿れて。早く……お尻の穴が丸見えって、そんなのどうでも良いから!
     私の中に挿れて! あ、ああ、入って来る……! あなたの太くて熱いものが
     んっ! んんっ、んっ! ああ、気持ち良い……!」
    「あん♪ 胸をギュって握らないで。ああ! 乳首、摘ままないで、そこ感じるの……!
     あん! 奥まで届いてる! もっと、もっと激しく突いて!」
    「はぁ、はぁん! 良い、良いよぉ! んあ、ああ、あなたを感じる……!
     気持ち良い……もっと、もっと気持ち良くなりたい……はぁ、んっ、
     あなたのが私の中で大きくなってきてる。イキそうなの?」
    「いつも私が先にイッてるから、先にイッて良いわよ♪
     え? 私が先にイッた方が締まって気持ち良い?
     ふふ、光栄ね」
    「ああ、ああぁあ、やだ、波が又くるよぉ……素直にって言われても、
     でも、あぁ、ああ、や……イク、イッちゃう……!
     まだイキたくないのに、あぁ、はぁ、はぁ、あああぁあああ!」
    「はぁ、はぁ、はぁ……ね、ねぇ、あなたの舐めさせて……♪
     ん、れろ……ちゅく、じゅるる。じゅぷ、じゅぷ、れろ……
     はぐ……ちゅっ、ん、ちゅるる、ちゅ、じゅる……れろ、んんっ……」
    ■07.さらに律子と正常位でセックス
    「あん、押し倒さないで……正上位で? 優しくする?
     分かったわ。でも、これで、んん! 一気に挿れないで!
     はぁ、はぁ、心の準備が……」
    「はぁ、はぁ、んあ! ちょっ、いきなり強く突かないで!
     そうやって私の反応を楽しんでるでしょう?
     嘘。絶対に楽しんでるわ。なら、私だって……」
    「はっ、うん、んん、ふぅ、んっ! どう? 私の腰の動きは……
     ね? 気持ち良いでしょう? 別れた彼もそう言ってたわ」
    「やん、あぁあ、はぁ、はぁ、んんっ! お、奥に当たって……ああ!
     子宮口に当たってるのが分かるわ……! お願い、優しく……うっ!」
    「……あ、もしかして、カクテルにあなた……あぁん!
     え? び、媚薬を入れたの!? 少しって……
     それで私の体が変に反応しちゃうのね」
    「そりゃ、怒るわよ! でも……そこまで私に魅力を感じてくれたのは嬉しいわ。
     許す訳じゃないけど……今度は、立場を逆にしてあげるわ」
    ■08.押し倒されてごっくんフェラ&騎乗位
    「押し倒される感覚はどう? 嬉しい?
     私が良いって言うまで、出しちゃ駄目よ。
     可愛いおちんちん。舐めてあげる♪」
    「じゅるるる、じゅぷじゅぷ、ぐぷ……れろ……はむ。
     くちゅ、ちゅっ、ふふ、先走り汁が出て来たわよ……♪
     気持ち良いのね」
    「じゅぷ、かぷ、んっ……れろ、じゅるる! ずぞっ!
     ……出したいの? まだよ、もうちょっと我慢してね♪」
    「ちゅっ、じゅる、くちゅ、じゅぽ、んっ……ほら、もう良いわよ。
     いつでも出しても……じゅるる、じゅぷ、はむ。んんっ!
     ん……ゴク、ゴクン」
    「大分薄いのが出たわね。これまで私の中に溢れるほど
     出したものね……あら、でもまだ元気ね……もしかして……
     やっぱりそうなのね、あなたも媚薬を飲んだのね……」
    「上に乗って欲しい? 仕方ないわね……
     ん……挿れるわよ。んんっ! ああ……少しずつ入って来るわ。
     大きくて熱いのが、ああん♪」
    「じゃあ、動くわよ……ん、はぁ、んんっ、はぁ、はぁ、
     大分してきたから……ちょっと休みがてらするわね。
     そんなの駄目? そんな事言われても、疲れてるは本当だし……
     んん! やめ、んあ! そ、そんなに強く……突かない……で……!」
    「媚薬のせい? 頭が少しボーっとするのは……ああん!
     はぁ、はぁ、んっ! そんなに激しく、動かさないで……」
    「いやぁん、乳首をそんなに弄ばないでぇ……そこ弱いの……
     やん、だから、強く乳首を摘ままないで! それだけで感じちゃ……
     あん、口に含んで甘噛みなんて……」
    「駄目……! ただでさえイキそうなのに……! 乳首でイキたくないわ!
     あぁん、やめて、突き上げながら乳首だなんて……そんなの反則よ……!
    「ああ! 乳首をそんなに舐めないで! 乳首でイクのいやぁ!
     あ、ああ、カリって噛まないで! 胸なら、優しく揉んで……違う……!
     揉みくちゃじゃなくて……んっ! あぁあ、乳首をつねらないで……!」
    「ひゃあん! いきなり挿れるなんて……イッちゃう!
     あああ、本当に、イッちゃう……! いや、あ、ああ、イクぅ……!
     あ、はぁ、はぁ! んっ! あっ、あっ、ああ、ああぁああああ!」
    「苦しい……! はっ、はっ、はぁん、中を
     グリグリされるの、嫌ぁ……! か、感じるけど……
     え? 自分がまだイッてないから?」
    「やぁ、イッたばかりなのに……! あっ、あっ、そんなに強く……
     ああ、イッたばかりなのにぃ……! はぁ、はぁ、んんっ、お願い……
     一度抜いて……く、口でイカせてあげるから……!」
    「んっ、はぁ、はぁ、ありがとう……口でするわよ。
     はむ、じゅる、じゅぷ、じゅるる、れろ……ちゅっ。
     ああ、熱い……硬くて美味しい……♪」
    「んん、ちゅっ、れろぉ……あむ、じゅる、じゅるる、じゅっ、
     もうイキそう? いつでも良いわよ。私が口で受け止めてあげる。
     はぁむ、ちゅる、じゅるるる、じゅる、ん、んんっ、んんんんっ、ゴク、ゴクン」
     はぁ、はぁ、大分出したから薄いけど、美味しいわ……♪」
    ■09.ラストスパート♪
    ■10.次の約束
    CV:そらまめ。
    シナリオ:夜久珠姫
    グラフィック:白雪
    一部サウンド素材:OtoLogic – https://otologic.jp/
    制作:Snow Prism