• [あん♪あん♪食堂] 炬燵と姪と、冬の夜。-憧憬-

    価格:432円

    [あん♪あん♪食堂] 炬燵と姪と、冬の夜。-憧憬-
    【あらすじ】
    3年前の大晦日。
    帰省した実家でコタツを囲み
    姪と二人きりで過ごした夜の事…
    仕事からの解放感とアルコールが少々
    単純に溜まっていた性欲。
    普及し始めたインターネットの影響で
    ロリに開眼していた俺は、まんまと過ちを犯してしまう。
    こそばしあいからおヒザ抱っこ。
    じゃれあいながらいろいろタッチ。
    やがて会話をエロい方向へ持っていくと
    『自慰はときどきしている…』
    頭が真っ白になる程の衝撃の告白は
    いともたやすく俺に一線を越えさせた。
    挿入にこそ至らなかったが、夢にまで見た
    ロリっ子の小さな身体を、性器を
    両手と舌で味わう事ができてしまったんだ。
    しかし実家を発つ朝、玄関での事。
    姪の母親、俺の姉ちゃんに呼び止められ
    『ねえ、あんたさ……』
    娘と何かあっただろ?そう確信を持った眼差しで
    見つめられた。
    だんだんと自分のした事が怖くなってきた俺は
    次の年とその次の年
    期間にして3年程実家に近寄れなかった。
    しかし俺と会うのを楽しみにしている母親に
    いつまでも嘘の用事で顔を見せないわけにはいかない。
    アノ事にも何らかの決着をつけなければならない。
    意を決した3年ぶりの帰省。
    そこには炬燵で寝入る髪を切った姪。
    鐘突きに出かけた家族。
    成長した姪と二人きりの大晦日の夜が
    再び始まった…
    ————-
    【作品概要】
    ●1990年代の時代背景をベースに
    姪、J〇、ルーズソックスをテーマにした短篇小説風
    ストーリーCG集です。
    ●女の子は、小柄だけど胸が大きめという
    ミニマムボインちゃんです。(加えてドM。)
    ●季節は真冬ですが、親の目を警戒して
    姪っ子は普段使わない夏物のセーラー服を用意していました。
    (殊勝です。)
    ●自慰は常々しており、それゆえ破瓜表現はありませんが
    今夜の叔父との行為が初体験になります。
    ●家族が近くのお寺に鐘突きに行っている短い間に
    二人はあせるように事を進めます。
    少し特殊なストロークのフェラチオ、一気挿入
    喫煙しながらオナニー見学、足ぶらぶら駅弁ファックで
    姪のマゾっけを煽り…
    前はもちろんの事、アナルへの指挿入⇒抜き差し愛撫から
    ペニスの挿入、中出しにまで至ります。
    女の子はアナルも処女ですが、普段の変態自慰のおかげで
    大人ペニス全てを根元まで咥え込んでしまいます。
    叔父は初めての異質で異次元の粘膜感触に
    唸りながら射精します。
    ●ちょっとひと抜き、という軽く使えるサイズ感で
    段々とアガっていくフィニッシュしやすい構成を目指しました。
    ————-
    【商品内容】
    ●基本絵34枚
    うちエロ絵は20枚ぐらいです。
    本文は54Pになります。
    (文字拡大版は61Pになります。)
    ●画像形式
    PNG/PDF
    ●画像サイズ
    2880×1620(16:9)
    スマホ画面にもフィットしやすい
    サイズです。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。