• [悶々堂] 彼女達はバ●ブの虜。校内に響く電動音と喘ぎ声 下巻

    価格:972円

    [悶々堂] 彼女達はバ●ブの虜。校内に響く電動音と喘ぎ声 下巻

    「突然だけど…電脳部に入らない?」
    転校初日の放課後、二人の先輩に誘われたのはなんだか気難しそうな部活だった。
    正直、あまり気乗りしなかったが次の瞬間目を奪われてしまう!
    机に腰掛けた少女の股間には一本の紐が飛び出ていた。
    そして太ももに付いていたスイッチを入れてみると「ソレ」が小刻みに動き出す。
    教室に広がる無機質な電動音と艶やかな声。
    一瞬目の前の光景が現実か夢か分からないでいると、もう1人の少女が声をかけてきた。
    「これが私たちの部活。電脳科学部改め電「動」科学部。小型電動モーターを研究する部よ」
    これはそんな電動モーターに魅了された女の子たちのちょっとHな部活動の記録である。
    ※本作品は原作者の協力により制作しました。