• [Iceモナカ公国] のろい首塚400年其の1

    価格:324円

    [Iceモナカ公国] のろい首塚400年其の1
    彼はさびれた階段を登って行く。
    後を追う少女達は人生の岐路にいる事をまだ知らない。
    400年の呪いの渦に1人の少女が呑み込まれようとしていた。
    400年の呪いとは一体?「浦桐」とは?
    彼らの先祖にまつわる話が今物語られる。
    ・本編20枚
    ・画像サイズ 1600×1200
    ◆其の1あらすじ
    目の前を通りすぎた少年が気になった少女。
    彼を追って再び巨石があるあの場所を訪れた。
    そこでなぜ「二度と来てはいけない」かを知る。
    そこは呪いの溜まり場だった。
    少女の肉体が呪いに侵され蝕まれてゆく。
    やがて体は熱く疼いて精神をも苛み始めた。
    自慰を行うに至った少女に呪いは「浦桐の娘」を呼ぶよう強要する。