• [星枢観測所] 超常現象対策六課《下》

    価格:1,296円

    [星枢観測所] 超常現象対策六課《下》

    血とか内蔵などはみ出ております。成人向けグロ指定となっておりますので、未成年の方はご遠慮ください。
     A5版の本文110ページです。九話から十二話収録となっております。最終回詰めてあります。
     日本の防衛省が抱える極秘組織『抑止機関』。
     それは、「異形なるもの」「人ならざるもの」「超常なる現象」などの存在が民衆に知られないよう、それらを見つけ出し、破壊か隠蔽を行う為の組織である。
     そこに数年前連れてこられた異形の一人、黒澤咲は、異形ばかりで形成された、『抑止機関』の中でも秘中の部署である、『六課』に所属し日々戦いと逃走を繰り返していた!
    第九話:この地に散じ/辿る昔日へと……18頁
     上層部より通達された六課解体及び、処刑命令。
     そのことを知らされた占部は、夜中こっそりメンバーを呼び出し、逃がすことにした。
     三人は皆でその間旅行に行こうという話になったが、咲だけは故郷に未練があるため、「後で合流する」と言い残して別方面へと足を向けた。
    第十話:飛ぶ……14頁
     故郷の知り合いの無事を確認した咲は、何故だかそのまま他の二人と合流する気になれなくて、一人旅を始めた。
     その気持ちに整理は付くのだろうか。
    第十一話:懺悔に手する……21頁
     涼に呼び出されて故郷に戻ると、涼からリーヴァが捕まったと聞かされる。二人は作戦会議をして、彼女を助けに行くことを決める。
    最終話:世界の果てにて最後の輪舞曲の音は響く(欠損・グロ・暴力・血注意)……37頁
     無事揃った六課メンバーは、このままではいけないと行動を移す。
     大団円なるか、六課最終回!