• [狐屋本舗] 好きな人の飼育法

    価格:1,080円

    [狐屋本舗] 好きな人の飼育法
    !!! 注 意 !!!
    個人差はあると思いますが、本作品は耐性のない方にとってはかなりハードなヤンデレ作品となります。
    四肢欠損や抜歯、排泄物をお世話される等の内容が含まれております。暴力描写や痛みを感じさせるような演出は
    一切ありませんが、尖った内容であるとご理解いただきました上でご購入をお願いいたします。
    =========================================================================
    あなたの事が好きで、好きで好きで好きで好きで好きで好きでたまらない、彼女。
    いつ、いかなる時も常にあなたを観察し、幸せを満喫していた彼女でしたが、あなたに告白をしようとする女の子が
    いると知り、横取りされてはたまらないとあなたを家で飼育する決心をしました。
    彼女はあなたの為なら「なんでも」します。「なんでも」です。
    一途で真っ直ぐな想いを持つ彼女ですから、あなたの為だと感じればすぐに実行に移すでしょう。
    それがあなた自身は好ましくないと思ったことであろうと関係ありません。
    彼女が「あなたの為になる」と思ったという事が一番大事であり、何よりも優先される想いなのですから。
    ですので、作中で受ける数々の仕打ちにも決して絶望しないでください。
    ソレは全て、掛け値無しに、彼女が本心から「アナタノタメ」に行っている事なのですから…。
    ==========================================================================
    ○【超】ヤンデレ音声
    ○当サークル史上最大ボリューム
    ○暴力ではなく「暴力的な愛」としてのヤンデレが好きな方へ
    ○ヤンデレちゃんにただひたすら、ひたすらひたすら愛される音声
    ○日常の【全て】をお世話され、飼育される物語
    トラック
    ———-1.先輩と私の記録〜プロローグ〜———-
    登校中、見知らぬ女の子に話しかけられたあなた。
    あなたはすっかり忘れてしまっていましたが、昔いじめっ子達からあなたに助けてもらったのだと語りかけて
    きます。あなたのことをずっとずっと見ていたと危うい笑顔で話す彼女にたじろぐあなたですが、
    そんなことはお構いなしに、他の女に横取りされないようあなたを自分の家にしまうと言い放ちます。
    異様な雰囲気にいよいよ身の危険を感じたあなたは咄嗟に逃げ出しますが時既に遅く、彼女の用意していた
    テーザーガンによって気絶させられ、家へ運び込まれてしまうのでした。
    ———-2.先輩と私の記録〜6月4日〜———-
    目が覚めたあなたは、彼女の家の一室でベッドの上に鎖で繋がれていました。
    その部屋はあなたが何年も前に捨てたものがコレクションされており、
    周りの壁にはあなたの日常の様子を写した写真が何枚も貼られているという、彼女があなたという存在を
    感じるために作った部屋でした。
    今日からあなたはこの部屋で彼女に『飼育』されることとなります。
    他の誰にも邪魔されない、彼女とあなただけのたった2人の世界が、遂にできあがったのです。
    【地下室での監禁・鎖での拘束】
    ———-3.先輩と私の記録〜6月11日〜———
    彼女の家に監禁されて1週間が経ちました。
    夜中、なんとか脱出を試みようともがいている内に、奇跡的に両腕の拘束を解くことに成功したあなた。
    そのまま足の拘束も外そうとしていると、彼女が部屋へとやって来てしまいました。
    怒られると思い身構えるも、意外なことに彼女は全く怒らず、それどころか逃げ出そうと思うぐらい
    辛い思いをさせてしまったと素直に反省をします。
    しかし、そんな彼女から次に出てきた言葉は「手足があるからそれを縛らないといけなくなって、
    縛られることで、不自由な思いを感じてしまうんです。だったら、そんな手足は初めから無ければ
    いいんですよ。」という想像を絶するものでした。
    鎖に繋がれていることも忘れ無我夢中で逃げようとするも、無慈悲に注射針を突き立てられ、最悪の絶望を
    感じながら意識を失うのでした。
    【注射による昏睡】
    ———-4.先輩と私の記録〜6月13日〜(1)———
    注射を打たれて丸一日以上経ち、ようやく目を覚ましたあなた。
    真っ暗な部屋の中。側に彼女がいて、今は深夜2時だと告げられます。
    電気をつけられ明るくなった部屋で、自分の体を確認しますが…。
    意識を失う前には確かに存在していたあなたの両腕も、両脚も、全て体から消え失せていました。
    自分で歩くことはおろか、立つこともできず、生きるために最低限必要な食事でさえ、1人では行えない、
    そんな、彼女の愛を受け入れざるを得ない体へと、変貌していたのです。
    そんなあなたに早速最初の愛を受け入れる機会が訪れます。
    丸一日以上眠っていたあなたは、当然その間一切排泄をしていません。
    膀胱には貯めに貯めた尿がしきりに排尿を促しています。
    彼女なら喜んであなたの排泄の手伝いもしてくれるでしょう。
    受け入れましょう。彼女の愛を。もうあなたにはそうする以外に道はないのです。
    【四肢欠損・尿瓶による排尿のお世話・彼女による飲尿】
    ———-5.先輩と私の記録〜6月13日〜(2)———
    排尿の後、まだ深夜だということでもう一眠りした彼女とあなた。
    朝、目を覚ますと愛おしそうに語りかけてくる彼女が隣にいました。
    体の具合が悪くないかとのことですが、どうやら床ずれがおきないよう手足のないあなたに代わって
    何度か寝返りを打たせてくれていたようです。
    問題無さそうなことに安心しながら布団をめくろうとする彼女ですが、あなたはそれを必死で食い止めようと
    します。男なら逃れることのできない、寝起きに必ず発生する生理現象を見られてくないからなのですが、
    体に異変があったのかと心配する彼女にはぎとられてしまいます。
    今のあなたに隆起したペニスを隠す術はなく、余すところなく彼女に見られてしまいますが、あなたが自分で
    性処理をすることもできなくなったことに気づいた彼女は、あなたに代わって性処理をすると言い、ペニスへ
    刺激を与え始め…。
    【手コキによる代理性処理】
    ———-6.先輩と私の記録〜6月13日〜(3)———
    性処理を済ませた後、あなたの好みを全て反映させて朝食を作り、運んできてくれました。
    かいがいしくご飯を食べさせてあげようとする彼女。意地っ張りなあなたはまだ素直に受け入れることが
    できませんが、結局彼女の熱意に根負けして全て美味しく平らげます。
    そして、今日はこれから退学手続きをしてくると告げる彼女。
    そうすることで、24時間あなたと共に愛を育むことができるようになるとのこと。
    …あなたにとっても、喜ばしいことなのではないでしょうか。
    しかし、彼女がいない間にまた尿意を催してしまった場合を考え、オムツをはかせてくれるそうです。
    恥ずかしがって嫌がってしまうあなたですが、せっかくの彼女の行為ですから、
    ここは素直にオムツをはいてあげましょう。
    尿意ではなく、実はずっと我慢していた便意も、もう限界ですよね?
    彼女ならあなたの大便も嫌な顔一つせず処理してくれますから、彼女が出かけている間にオムツの中に
    してしまいましょう。
    彼女も自分の用意したオムツが役立ってくれたと、きっと喜んでくれるはずですから。
    【食事のお世話・オムツ着用・オムツ内排便・彼女による便の処理とお尻拭き】
    ———-7.先輩と私の記録〜8月11日〜(1)———
    あなたが手足を失ってから二ヶ月が経ちました。
    その間、彼女に親身に介抱されているうちに、頑固に凝り固まっていたあなたの心も次第に
    ほぐれていきます。
    彼女は最初からあなたを心から愛していただけだということに、その想いに一点の曇りもなかったことに、
    ずっとアナタノタメを思ってのことだったことに、鈍いあなたもようやく気がつき始めてきましたね。
    しかし、あなたの心のどこかにはまだギリギリのところでストッパーがかかっているようです。
    彼女もそれをわかっているようですが、そのストッパーを取り外すためのいいアイデアが浮かんだようです。
    よかったですね。彼女に全て委ねていれば、全て彼女が良い方向へ向かわせてくれるようです。
    何をされても、ソレは全てアナタノタメ。アナタノタメなのです。
    【歯磨き】
    ———-8.先輩と私の記録〜8月12日〜———
    お昼過ぎに目を覚ましたあなた。
    口の中に違和感を感じ確かめてみると、全ての歯が抜けていました。
    当然彼女によって行われた処置です。
    あなたがあと一歩の所で彼女を受け入れきれないことを気に病んだ彼女が、
    あなたを眠らせて、歯を全て抜いてくれていたのです。
    歯を失ったことにより、あなたはもう食べ物を咀嚼することすらできなくなれました。
    しかし、何も問題はありません。あなたができないことは彼女が全てやってくれます。
    今後あなたは、ひな鳥のように口をあけ、彼女が代わりに咀嚼した食べ物を流し込んでもらうだけで
    いいのです。
    これであなたはもっと彼女と心の距離を近づけることができるでしょう。
    しかし、それだけでは物足りないのか、彼女は、自分の必要性をもっと痛感して欲しいと、
    ある提案をします。
    それは、あなたへ毎日のように行っていた性処理をしばらくの間中止するというものでした…。
    【全抜歯・咀嚼行為を含めた口移しによる食事のお世話・性欲処理停止の提案】
    ———-9.先輩と私の記録〜8月26日〜———
    性処理を中止されて2週間。あなたは露骨に彼女を「女性」として意識し始めます。
    禁欲させられてようやく彼女の魅力に気づいた愚かなあなたに、彼女は自らの裸体を晒し挑発してきます。
    遊び半分の気持ちだった彼女ですが、堪え性のないあなたは彼女の指定する禁欲期間は無理だと必死に
    お願いをし、あなたから初めて「お願い」をされた彼女は、その優しからからあなたのワガママを
    飲んでしまいます。
    遂に始まる彼女との初めてのセックス。2週間に及ぶ禁欲によってあなたも最大限に高揚し、
    全力で彼女と愛し合います。
    監禁されてから2ヶ月以上を経て、ようやくあなたは彼女と心も体も通じ合わせることができたのです。
    本当に、本当におめでとうございます。
    【相思相愛ラブラブセックス】
    ———-10.先輩と私の記録〜プロローグ〜———
    あなたが彼女に飼育されてから丸1年。
    あなたと彼女のこれから。
    2人の進む道は祝福に満ちています。
    収録時間:2時間47分
    ==============================================================
    CV:花守このは様http://hanamorikonoha-voi.wixsite.com/konohadori
    イラスト:黒筆ANnA様https://sorenstam.wixsite.com/krohudeanna
    台本:狐屋本舗https://minaduki6.wixsite.com/mysitehttps://twitter.com/kituneyahonpo64