• [オナラプップー] デカけつショタ!ブリブリ!?便秘アナル開発!クラスの女子から種付けされておめでた妊娠!出産授業!

    価格:108円

    [オナラプップー] デカけつショタ!ブリブリ!?便秘アナル開発!クラスの女子から種付けされておめでた妊娠!出産授業!

    少年は行為が終わって快感に浸ったまま肩で息をしていた。
    母親は仰向けになって異様に膨れた腹をさらす我が子のその腹を優しくゆっくりと丹念にマッサージするように撫でまわした。
    ゴロゴログルルルル…
    少年の腹から不気味な音が響くと、少年は今まで感じたことのない猛烈な便意に襲われた。
    少年はそこでやっと自分の腹の膨らみの正体を知るのだった。
    「んああっ!?う、うんちぃ!もれりゅううう!」
    ブリリリリリリリリリリリリリリリ…
    少年は最早成すすべなく、赤ん坊がオムツを変えてもらうような姿勢のまま盛大に脱糞をはじめてしまった。
    「おっ♪おっお♪ほおおおお♪」
    少年はあまりの開放感といつまでも終わらない排泄に完全に惚けてしまっていた。
    少年の出した大便が文字通り山のようになる頃、少年の排泄はやっと終わった。
    それからも少年に異様な出来事は続いた。
    男子だけ全裸での登校、授業の教科はすべてお昼寝と給食。
    頻繫に襲ってくる尿意。
    男子トイレはなく、男子は外の校庭で用を足す決まり。
    最初こそ困惑の連続だった少年も、得も言われぬ快楽で染まり切った日常にその身を堕とすにそれほど時間はかからなかった。
    そんな少年の体にはある変化が現れていた。
    毎日大量の給食を食べ、常に大便で腹を膨らましているのが常になっていた少年だったが、少年の便は日に日に異様なほど出ずらくなっていた。
    「んおおお!ふんっぐ!はああああ!」
    いつしか少年の排便は出産さながらの気迫と体力の要する行為になっていった。
    もう既に少年は母親に肛門をほぐしてもらわなければ自力で排便できない体になっていたのだが、日に日に少年のひりだす大便は太く大きくなっていき、いつしかその太さが大人の拳ほどになる頃、少年の糞の詰まった肛門をほぐすにはペニスでは足りず、母親の手やペットボトルのようなディルドが使われるようになっていた。
    今や少年だけでなくクラスの男子全員が巨大な糞をひりだす為に体格がすっかり変わってしまっていた。男子たちの骨盤は大きく広く発達し、尻は女性のそれよりも豊満でむっちりとして、いやらしく巨大化していた。
    それとは対照的に男子たちのペニスはまるで目的を見失ったかのように所在なくちょこんと、勃起することも知らずに小さく縮こまっていた。
    そんなある日、食べて寝るだけの授業に新しい科目が追加された。
    その科目の名は…
    繫殖
    文字数:1954文字