• [藤咲ウサ] 【耳かき・マッサージ】あやかし郷愁譚 ~送り雀 ひよ・春待ち~【おままごと】

    [藤咲ウサ] 【耳かき・マッサージ】あやかし郷愁譚 ~送り雀 ひよ・春待ち~【おままごと】
    ■作品内容
    四国、高知の山奥にある隠れ里。茂伸――
    ひととあやかしが共に暮らすことができる、最後の聖域。
    のんびりおっとりお歌大好き、送り雀のひよは、あなたと一緒に村の保育所で働き始めます。
    新しいおうたを覚えて、新しいマッサージを覚えて、転んでお膝をすりむいて、有島診療所で手当をうけて――
    ひよとの毎日はなかなかに忙しく、それだけにあなたを充実で満たしてくれることでしょう。
    そんな日々をおくるうち、ひよが欲しがりはじめるものは――家族。
    ひよの素朴なおねだりに、果たしてあなたは、どんな答えを返してあげるのでしょうか?
    ■あやかし紹介 ~ ひよ(保育所勤務) ~
    「……あんな? ひよな?
    あいやんがおってくれたから、お仕事つづけられたのし。
    ほんま、ありがとぉな、あいやん」
    のんびりゆったり、どっちからというと怠け者属性の送り雀のひよちゃんは、けれどあなたの応援を得て、人やあやかしや半妖のこどもを預かり、育てる――村営保育所の先生のお仕事をがんばります。
    大充実の毎日をすごすうち、ひよはだんだん、人間や、一部のあやかしはもっているのに、自分にはとんと縁がない、“家族”にあこがれはじめます。
    家族がどんなものかをしるうち、あなたと家族になることを――あなたとのあかちゃんを望み始めるようになる、ひよ。
    いつか授かるあかちゃんのために、ひよが一生懸命に練習をするちいさなものごとは、新しいお歌は、あなたのこともきっとゆったり、優しく包んでくれるでしょう。
    ひよとの小さなやさしい世界を――さらに大きな世界に育てる。そうしていくための大事な大事なひととときを、どうぞのんびりぽかぽかと、お楽しみいただけましたら幸いです。