• [JUNKセンター亀横ビル] お母さん美津子 コタツの中で内緒で悪戯。訳あり生中出し包茎手術

    価格:1,080円

    [JUNKセンター亀横ビル] お母さん美津子 コタツの中で内緒で悪戯。訳あり生中出し包茎手術

    美津子さんの家でお母さんを待っているマー君と美津子さんの肉体関係が復活する話。
     美津子さんの自宅でお母さんの帰りを待つ近所のマー君。近所の仲良し夫婦に交じってコタツでくつろいでいる中一本の電話が入る。
    お母さんのパートが押して帰りが遅くなるらしい。近所でも評判の大学生マー君。美津子さんは喜んで引き受ける。
     ここで小さな事件が起きる。夫がいつも飲んでいる常備薬と眠れない時用の睡眠薬を間違えて飲んでしまったのだ。しかもお酒で。
    ご存知の通り、睡眠薬はお酒で効果は倍増する。居間で寝られてはあとが困ると必死に起こそうとする美津子さんだが、
    徒労に終わってしまい疲れて眠ってしまう。無理もない。冬のコタツは眠気を誘発するのだ。
     一人残されたマー君には、誰にも言えない深刻な悩みを抱えていた。
    …それは以前、大学受験を前に美津子さんに助けてもらった「真性包茎」が再発していて悲鳴を上げていたのだ。
    秘かに思いを寄せる友達のお母さん美津子さん。コタツで眠ってしまった憧れの女性はまじめなマー君を苦しめることになる。
    「性欲」「勃起」「激痛」といった負のスパイラルは、コタツの中で無防備に曝られている美津子さんのパンティーとともに襲ってくる。
     ・出来るだけ気づかれないように、美津子さんに悪戯を仕掛けて息子を落ち着かせようとする必死のマー君。
     ・眠ったまま肉体を弄られて、夢の中で性感を刺激され、過去のトラウマに身もだえする美津子さん。
     ・同じコタツにいながら、睡眠薬の効果で一切目が覚めない夫。
     それぞれの関係がコタツの赤外線に増幅され、エスカレートしていく。
    「コタツは魔物だわ…」
     背徳の肉体関係が始まる。
    ◯コミック33ページ