• [風花雪月] 寝取らせ彼女の愛ある報告

    [風花雪月] 寝取らせ彼女の愛ある報告
    ◆概要
    夜遅くに電話をしながら、仕事から帰ってきた彼女のあすか。
    電話の相手は、彼女の同僚である「あきひろ」だった。
    あきひろとのセックスをきかせるうちに、あすかはセックスしてきたくなったよう。
    とうとう、あすかが再現プレイを迫ってきて……。
    本作品は、成人向け音声作品です。
    イヤフォンやヘッドフォンでの視聴を奨励しています。
    ◆シチュエーション
    積極的/スキンシップ/友人/
    報告/彼氏/
    寝取られ報告/足コキ/嘲笑/
    フェラチオ/手コキ/オナサポ/射精管理/再現プレイ/
    クンニリングス/生ハメ/中出し/騎乗位/
    お風呂/言葉責め/
    事後/キス/
    など
    ◆ストーリー
    夜遅くに電話をしながら、仕事から帰ってきた彼女のあすか。
    電話の相手は、彼女の同僚である「あきひろ」だった。
    あきひろとの電話が終わった後、あすかは焦らしながら俺にエッチの報告をしてくる。
    あきひろと仕事中に誰もいない倉庫で、何度もセックスをしてきたこと、
    どうやって体を触られたか、イカされたか、何回セックスしたか。
    会社の倉庫以外でも、何度もやってきたようで……
    話しているうちにセックスしたくなってきたあすかは、再現プレイを迫ってきて。
    ◆各トラックあらすじ
    ・トラック1 プロローグ
    夜遅くに電話をしながら、仕事から帰ってきた彼女のあすか。
    電話の相手は、彼女の同僚である「あきひろ」。
    目の前でデートの話をされ……。
    ・トラック2 聞かせてあげる
    電話を切り、こちらに目を向けるあすか。
    そして、焦らすように同僚と会社の倉庫で仕事中にセックスしてきた話を始め……。
    ・トラック3 再現してよ。
    自分の彼女であるあすかと、彼女の同僚であるあきひろの濃厚なセックスの話を聞かされ、
    だんだん勃起してきてしまう。それを彼女に見つかってしまう。
    彼女は「続きを話しながら、足でやってあげる」と言い出す。
    ・トラック4 再現するね
    一人だけ気持ちよくなりかけている彼氏が気に入らないのか、
    あすかは、あきひろとのセックスを再現するように伝える。
    言葉や手で誘導され、あすかの体に触れていく。
    ・トラック5 あなたは玩具
    ベッドの上で体制を変えるあすか。
    彼女が股間を広げ、自分の性器を舐めるよう命令してきた。
    どうやら同僚であるあきひろに舐められたようで、自分とあきひろのテクニックを
    比較したいようだった。あきひろとの情事を聞かされながら、彼女の股間を丁寧に舐め……。
    ・トラック6 たくさんしたの
    仕事が終わった後、あきひろの家へ行きセックスしたと話される。
    体を洗う目的もあったようだが、彼と風呂の中でしてきたようで……。
    あすかとあきひろのセックス再現プレイはまだまだ続く……。
    ・トラック7 エピローグ
    再現プレイも終わり、一緒に風呂に入りながらセックスの比較をされる。
    そして、次は誰をターゲットにするのか相談を始めた。
    ==========
    ◆製品仕様
    wav形式音声トラック及びパッケージイラスト
    始めに  | 00:57
    シーン1 | 02:05
    シーン2 | 04:19
    シーン3 | 09:31
    シーン4 | 12:37
    シーン5 | 09:19
    シーン6 | 12:57
    シーン7 | 01:50
    総計 53分35秒
    ◆スタッフ(敬称略)
    企画制作サークル:風花雪月
      http://novel2.web.fc2.com/huukasetugetu.htm
    企画 :月雪華也
    ボイス:あすか
    ◆サイトアドレス
    「お問い合わせ・ご連絡等」
      http://novel2.web.fc2.com/portfolio_content.html
    「動画公開ページ」
      http://novel2.web.fc2.com/douga.html
    「小説公開ページ」
      http://novel2.web.fc2.com/douga.html
    ◆Twitter
    サークルの最新情報なんかを呟いていますhttps://twitter.com/tukiyukikaya
    ◆諸注意
    本作品はフィクションです。実在の人物、団体などには一切の関係はございません。
    本作品の著作権はサークル「風花雪月」にあります。作品の無断改編・転載・配信等はご遠慮ください。
    また、本作品を利用することによって何らかの損害等が発生した場合につきましても責任を負いかねます。