• [三崎] アクマでJK!-魔界アプリでハーレム試験- 第1話

    価格:648円

    [三崎] アクマでJK!-魔界アプリでハーレム試験- 第1話
    「おかえり どうもはじめまして」
    「君 Hなコトしたい年頃じゃない?」
    ある日突然僕の前に現れたのは、
    ツノが生え、露出多めな『アクマJK』ヴィネアだった!
    聞けば、悪魔の学校の卒業試験のために
    人間界で’性気’を集めなければならないのだと言う。
    悪魔の力で僕の周囲の女の子たちのHな欲望を解放するので、
    とにかくヤりまくって欲しいと言うではないか!
    「どう?契約する気になったかしら」
    「するする!します!」
    「OK、契約成立ね?」
    * * *
    「たっくん、覚えてる?」
    「たっくんが小さい頃は、
    お風呂でこんな風に洗ってあげてたよね?」
    一人目のHな犠牲者は、隣家の幼馴染のお姉ちゃん。
    はちきれんばかりのエロボディを惜しみなく使い、
    ヴィネアの力で理性を取っ払われ、
    秘めた欲望を全力で僕にぶつけて来る!
    「うふふ、たっくんのココ
    こんなにしちゃってイヤラシぃ…」
    「すぐに私がヌキヌキしてあげるねぇ?」
    ————————————————————————
    本文20P、サイズは2508×3541ピクセルです。
    この作品は、コミック高2018年6月号掲載
    「アクマでJK! -魔界アプリでハーレム試験- 第1話(BJ151771)」と同一のものです。