• [ももいろノベルス] 官能小説集(ハーレム編)

    価格:540円

    [ももいろノベルス] 官能小説集(ハーレム編)

    ハーレム系の官能小説を纏めたお買い得パックです。
    収録作品は如何になります。
    (1).寄り合い所帯~人妻魅了のパンデミック~
    とある住宅地で牛乳配達をする少年が人妻達から注目されていた。
    自転車の荷台に牛乳を積んで団地を直走る少年の姿は、もはや近所において馴染み深い光景となっている。
    少年の名前を翔太といい、家族の居ない身である彼は、学生でありながら生活費を稼ぐ為に毎日と仕事に勤しんでいた。
    愛らしい容姿と健気な性格が、女性陣の母性本能を激しく擽るのだろう。始めは頭を撫でる程度がせいぜいだったスキンシップも、最近はエスカレートが止まらないようで、事ある毎に女性陣からハグやキスといった過激なセクハラを受けていた。
    (2).彼シェア!! ~僕を好きにしてください~
    引っ越した先は、女性率の極めて高い離島だった。
    島の名前を鉢割島といい、300人を下回る人口だが、
    その内の8割が女性だと言われている。
    転入先の学校も、自分以外は全員が女子という。
    海陸を興味津々に見つめる、7人のクラスメイト。
    教鞭を執りながら、熱い視線を送り続ける女教師。
    とんだ出来事にて女教師と肉体関係を結んでから、
    海陸を巡る女子達の争奪戦が始まるのだった。
    (3).双子ー愛の巣 #1
    浜津誠也の転入が全ての切っ掛けだった。
    いまや国民的アイドルの浜津誠也は、とにかく女子にモテる毎日である。
    那国月菜も、多分に漏れず誠也に傾倒していた。
    誠也に熱を上げ、自慰に耽ることもしばしばである。
    一方で、妹の陽菜だけは誠也の動向を気にせず。
    普通の学園生活を送る中で、陽菜はクラスメイトの男子五人から告白を受けるのだった。
    (4).たったひとりの女の子
    平凡な生活を送る雪絵だが、突然の不幸により母を失ってから人生が一変してしまう。
    葬儀場にて出会った生き別れの実父を切っ掛けに、彼の暮らす僻地へと引っ越す羽目になったのだ。
    天元草本村(あまもとそうほんむら)
    そこは、山々に囲まれた陸の孤島にあり、昔ながらの仕来りが未だ多く存在する前時代的な集落だった。
    村の最大の特徴として、女性が全くいない点が挙げられる。
    現在、天元村には六百人を超える村人が暮らしているが、その全てが男性である。時代錯誤の男女差別が背景にあり、かつて生活していた女性達も年を重ねる毎に村から撤退していき、遂には一人としていなくなったという。
    そんな事情を与り知らぬまま、雪絵は天元村へと引っ越した。
    (5).官能小説短編集
    ハーレム系の短編小説を複数収録しています。
    ★収録作品
    ・お嬢様だって足が臭い
    ・モテショタハイスクール
    ・ハーレムの脇役
    ・異世界エッチ
    ・催眠アプリで巨乳教師をコントロール!!

    この作品は「いっつもハーレム(RJ167634)」「あしなが~ハーレムパッケージ~(RJ188978)」「僕は、団地の人妻達を愛さなければならない(RJ204855)」「ハーレムの脇役(前編)(RJ209827)」「寄り合い所帯~人妻魅了のパンデミック(RJ219070)」「臭いフェチさん(RJ226508)」と内容の重複があります。