• [ピエトロ] 隣の人妻を助けたらすぐエッチできた話。

    価格:756円

    [ピエトロ] 隣の人妻を助けたらすぐエッチできた話。

    ■あらすじ
    レン太はモテない童貞の男だ。
    チビでデブでメガネの
    三拍子そろった典型的なブ男。
    そんなレン太には最近
    超絶気になっている
    エロい目で見まくっているホットな
    女がいる。
    それは『サエ子』という
    最近隣に越してきたばかりのエロい人妻だ。
     『美人・巨乳・むちむち』
    これまたレン太の真逆をいく
    三拍子そろったイイ女なのだ。
    ―それはそうと、
    ある日突如アクシデントが起こった。
    夫のDVでサエ子が
    レン太の家にかくまって欲しいと
    逃げ込んできたのだ。
    あまりの急な話に
    おどろき動揺するレン太だが
    それはすぐにおさまった。
    なぜなら意中のサエ子が
    抱き着いてきたからだ。
    さらにアクシデントが
    レン太を襲った。
    そのエロい巨乳が触れ合ったとき
    超反応で勃起してしまったのだ。
    ヤバイと思ったレン太は
    悟られないように
    サエ子を慰めるもムダだった。
    間に合わなかった。
    というより興奮は抑えられなかったのだ。
     『…?なに…これ』
    とチ〇ポの勃起が即バレした。
    レン太はしまったと言わんばかりの
    表情と万事休すの様相で
    ただただ謝罪謝罪謝罪を繰り返すも
    恥ずかしさと失礼な行動に
    もはやサエ子の顔など見ることも
    できず一点に地面を見るばかりだった。
    が、
     『…レン太くん…エッチなこと考えてたの?』
     『私で…興奮したの?』
    とサエ子。
    レン太は体が止まった。
    恐ろしい質問に
    もうメデューサににらまれたごとく
    体は石のように固まった。
     『…私とヤりたいんでしょ?』
     『イヤならいいんだけど…』
    とさらに耳を疑う
    あり得ない誘いの言葉をサエ子は言い
    且つ、とんでもない行動に出たのだった。
    服を脱ぎブラジャーを外し
    パンツを脱ぎオッパイとオ〇ンコを露わにして
    そう誘ったのだ。
    電撃が体を走ったレン太は
    なにもできずなにも答えれず
    一瞬の間を置いたが
    こんなチャンスは人生で二度とないと
    悟ったレン太は、
    サエ子の名を叫びながら
    サエ子のオ〇ンコにしゃぶりついた。
    ク〇ニだ。
     『やんっ…レン太くん…優しくして』
    とサエ子は感じる声で童貞のレン太に
    声を発する。
    これをきっかけに
    レン太は一生に一度のセックスを
    サエ子と濃厚なチ〇コマ〇コを繰り返し
    筆おろしを展開された。
    やがてレン太もサエ子への
    こみあげた恋心が爆発し
    本能のままに人妻熟女のオ〇ンコへ
    チ〇ポをハメにハメまくり
    童貞の好奇心の限りオカしまくった。
    そして、
    エクスタシーの頂点に達した
    レン太はそのまま
    膣内にありったけの大量の精子を注ぎ込む―。
    基本25p、差分総数50p、PDF同梱、
    となります。よろしくお願いします。