• [杠葉えりか] 幻影図書館 ~催眠で女の子になって女性向け音声を楽しむ+なでなで安眠~

    価格:540円

    [杠葉えりか] 幻影図書館 ~催眠で女の子になって女性向け音声を楽しむ+なでなで安眠~
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
     幻影図書館 ~催眠で女の子になって女性向け音声を楽しむ+なでなで安眠~
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    ◇コンセプト
    この音声は「女性向け音声」を聞いていただくために、催眠で男性を女性に変えるTS催眠です。(催眠用のセンテンスは、現役ヒプノセラピストが作っています)
    女性向け音声をお持ちでない場合でも、リラックス催眠(なでなで)のパートを入れてありますので、お楽しみいただけるかと思います。
    是非、女の子の心と体になって、音声をお楽しみください。
    また、女性が通常のシチュ音声を、催眠として楽しめるようなおまけもつけてあります。
    試験的に作ったおまけですが、良かったら使ってみてください。
    ★催眠の技法を取り入れておりますが、すべての方が催眠状態に入れるわけではありません。何卒ご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。
    ◆ストーリー
    その日、貴方は1日の終わりを迎え、ベッドで眠ったはずだった。
    しかし、目を覚ました貴方が居たのは古い書物がたくさん積まれた図書館。
    惑いながら彷徨う貴方の目の前に現れたのは一人の女。
    物語綴り(ストーリーテラー)と名乗った女は、貴方に声をかける。
    「ここは幻影図書館。ここに眠っているたくさんの恋の物語を、貴方は楽しみに来たのではないですか?」
    確かに貴方は興味があった。
    自分が女性になることだったり、女性として恋愛をすることに。
    それは貴方が胸に秘めていた秘密。
    女から差し出された本を貴方は手にし、貴方は導かれるがままその本の世界の中に入っていく。
    憧れていた、女性としての一夜の夢を味わうために。
    ◇キャラクター
    物語綴り(ストーリーテラー) CV:杠葉えりか様
    どこか人間離れした、機械じみた雰囲気を纏う女性。
    年齢は20代前半に見えるが、人ではない雰囲気を漂わせる。
    ◆トラックリスト(約70分)
    01_物語の世界へようこそ(催眠導入)(15:49)
    02_物語の世界へおかえりなさい(再訪)(13:44)
    03_今宵は私が(ストレス緩和)(08:23)
    04_なでなで(繰り返し可能)(04:11)
    05_なでなで→おやすみなさい(解除_安眠)(04:11)
    06_おやすみなさい(解除_安眠)(04:11)
    07_物語の世界へようこそ(催眠導入)_女性向け(11:04)
    08_物語の世界へおかえりなさい(再訪)_女性向け(09:06)
     ※BGMなしバージョン同梱/上記は有りバージョン
    ◇プレイリスト作成パターン
    以下の様にプレイリストを作ってからお聞きください。
     ■男性が女性向け音声を楽しむ場合
      初回 :01→(女性用音声作品)→06
      二回目:02→(女性用音声作品)→06
     ■男性がなでなでを楽しむ場合
      初回 :01→03→04(繰り返し可能)→05
      二回目:02→03→04(繰り返し可能)→05
     ■女性が女性向け音声を催眠として楽しむ場合(おまけ)
      初回 :07→(女性用音声作品)→06
      二回目:08→(女性用音声作品)→06
     ■女性がなでなでを楽しむ場合(おまけ)
      初回 :07→03→04(繰り返し可能)→05
      二回目:08→03→04(繰り返し可能)→05
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇