• [小山電脳技研] セティリスの憂鬱

    価格:1,080円

    [小山電脳技研] セティリスの憂鬱
    【ストーリー】
    スタキア連合王国とエルク聖都の陥落により、
    両国と国境を接していた、
    ティレーネ王国は窮地に立たされていた。
    戦局は日を追うごとに悪化していき、
    王都は異形の軍勢に包囲されつつあったのだ。
    国王の指揮の下、決死の抵抗戦を繰り広げていた、
    ティレーネ王国軍であったが、
    それも長くは続かなかったのである。
    ティレーネ国王、墜つ-。
    突然の訃報に衝撃が走るティレーネ王都。
    留守を預かっていた王妃・アンジェリーナは、
    急遽、王冠を戴き、女王へと即位するが、
    性欲にまみれた淫獣たちの魔の手は、
    すぐそこまで迫りつつあったのだ。
    王宮の中で父である国王の死を悼み、
    母と共に喪に服していた王女・セティリス。
    しかし、美しく可憐な彼女でさえも、
    生殖欲の塊である、生殖獣にとっては、
    一匹の牝家畜でしか無かったのである。
    唐突に膨れ上がった自室の壁が、
    黒衣のプリンセスを乱暴に縛り上げていく。
    城内へと侵入した生殖獣たちは、
    セティリスの身体の自由を奪うと、純潔を奪い、
    何度も何度も陵辱を行っていったのだ。
    【内容紹介】
    ティレーネ王国陥落!
    その時、王宮では美しきプリンセスが、
    魔物たちによって、
    種付けセックスをされていた!
    戦死した父親の墓前で、
    処女を奪われたことを皮切りに
    王女でありながら、異形たちの触手で、
    イカされまくっていくセティリス。
    ベッドで、街中で、食卓の上で、
    彼女は様々な場所で犯され、
    痴態を国民の前に晒していったのだ。
    種付け専用牝奴隷と化したセティリス。
    そんな彼女自身の口から語られていく淫虐の記録。
    恥辱と性感に充ち満ちた王女の一日を、
    アナタは視覚と聴覚で体感していく!
    憂鬱シリーズ第三弾。
    今回は音声が大幅に増量され、
    より濃厚な恥辱朗読となりました。
    生殖獣の虜囚と化したセティリス姫。
    彼女の淫辱まみれの一日を、
    王女自身の言葉で体験できる、
    ボイス付きCG集となっております。
    セティリス役は涼貴涼さんです!