• [虚弱ハウス] 海で会社の事務の娘と上司たちがせっくす!

    価格:648円

    [虚弱ハウス] 海で会社の事務の娘と上司たちがせっくす!

    ○フルカラーコミック52p
    ○服・文字なし52p
    [あらすじ]
    会社の上司達(部長・課長・先輩)と海に行くことになった青 京香(あおきょうか)
    ちょっとしたことから水着でポーズをととることになるのだが、
    ポーズをとっているうちに水着が外れてしまう
    照れて体を隠すように促す先輩に対し
    「別に胸を見られるくらい全然気にしない」と強がる京香
    だが強がりすぎて全ての水着を脱ぐことになってしまう
    全裸でポーズをとらされ続けるうちに段々とエスカレートしていき部長・課長とセックスをすることになる
    最後の一人、先輩とセックスをするとき彼女から衝撃の言葉が発せられる
    「ねーセンパイ、センパイって私のこと好きでしょ」
    そして驚きつつも、好意を認める先輩に京香の本当の目的が明かされる
    「私は男の人いじめるの大好きなんです・・・特にセンパイみたいに可愛いひと」
    「水着も本当は自分でほどいたんです」
    「センパイの目の前で部長達とセックスしたらどんな思うかなとか思ってしたんですよ?」
    京香は先輩の好意を知りつつ他の人と目の前で肉体関係を持つことで先輩を困惑を誘っていたのだった
    かし、それでもいいという先輩の一途な想いで二人は付き合うことに!
    だが全てを聞いていた上司達が、ラブラブセックス中の二人に彼氏の前で自分たちのモノを咥えて見せるように要求する・・・
    いったい京香はこの要求にどう答えるのだろうか・・・!?(咥えます)