• [フリー・センテンス] 異生物の性玩具にされた少女の物語

    価格:108円

    [フリー・センテンス] 異生物の性玩具にされた少女の物語

    画像のない、文章だけの作品です。
    ~~ざっくりストーリー解説~~
     ・・・・・・突然、次元の壁に穴が開き、次元の向こう側の世界から侵略者が襲いかかってきた。異次元からの侵略者たちは恐ろしいほど醜悪で、そして強大だった。彼らは人間たちに襲いかかると、容赦のない攻撃で無慈悲に殺害した。もちろん、人間たちも一方的に蹂躙されていたわけではない。最初は「穴」が開いたその国の軍隊が出動し、やがて世界中の軍隊が結集して空前絶後の防衛作戦が展開された。そして長く激しい戦いの末、平和と共存の道が模索されることが決まった。
    異生物たちは当初、あくまでも人間世界を侵略することを望んでいた節があったが、戦いを通じて人間たちの強さが侮れないレベルであることを学習すると妥協案を提示してきた。それは人間の女性――それも若くて美しい女を弄び嬲り殺す権利だった。
     この提案に対し、人間側が反発したのは言うまでもない。しかし、これ以上の争いを望まないという声が日増しに強くなると、妥協案に対する改善案を提示するという方法で決着が図られた。それは人間側が次元の狭間に異生物たち専用の「娼館」を造り、そこで異生物たちをもてなすというものであった。その場所では、女性を殺害する以外は女性に対して何をしても構わない、という条項が付帯されたことを受け、異生物たちは納得したのである。
     ・・・・・・この物語は「異生物の性玩具」として、娼館へと送り込まれることになったグラビア・アイドル、江本沙織の悲惨な運命の物語である。
     総文字数15563文字です。
     なんの罪もない女性が、理不尽に異生物に蹂躙される物語となっておりますので、どうぞ愉しんでご覧になってください。