• [歌い鈴] 図書ぼっち「理解、言葉、共依存」

    [歌い鈴] 図書ぼっち「理解、言葉、共依存」
    クラスメイトのヤビツ藍は、いわゆる「陽キャ」の輪に入る存在だ。
    笑顔は明るく、声は大きく、スクールカーストなる理論に準じて考えるならば、一軍二軍の狭間あたりに位置するだろう。
    教室ではいつも友人らと机を囲み談笑している。何とも楽しそうな光景であるが、その姿には何故だろう、妙な違和感があった。
    当校の図書室はいつも席がまばらであり、満員なんて言葉とは程遠い。
    しかしその僅かな利用者――常連の中にヤビツはいた。
    たまにひとり、図書室で静かに本を読む姿を見かける。
    本棚の陰の読書用スペースに座って、物憂げに沈黙した顔つきで、ひっそりと読書に没頭しているのである。
    そんな姿を何度か目撃し、俺は先の違和感の正体に気づいてしまった。
    こいつは、「陽キャ」になり切れない魂を持っているのではないか。
    ヤビツを観察するうち、もうひとつ、重大な事に気づいてしまった。
    俺は、彼女が好きなのだ。
    ――
    見かけは明るく、内面真っ黒。そんなヤビツ藍との邂逅、日常、関係を描いたドラマ作品です。
    何の問題もなく学校生活を送っている彼女。朗らかに笑い、人間関係は良好。
    しかし実は精神に異常をきたしており、メンタルが非常に不安定。誰に対しても憎悪を抱き、自分自身こそ最も賢い人間であると確信しています。
    物語は彼女の一人称視点で進んでいきます。
    ※後日談も発売予定です(R-18作品)
    内容:
    1.最悪の出会い……10:01
     彼女との出会い。
     陽キャながらも図書室に通う彼女に違和感を覚え、思い切って声をかける。
     しかし吐き出した言葉は、彼女の核心を揺るがす禁断のワードだった。
    2.最高の吐露……07:35
     告白の時間。
     即答で拒否されるかと思いつつも……。
    3.最優の捌け口……07:33
     まさかの提案だが、悪い気はしない。
     彼女はきっと、いや確実に闇を抱えている。
     それを少しでも和らげる事が出来るのならば。
    4.最低の会話……07:51
     ヤビツ藍もだんだん、こちらに興味を持ち始めたらしい。
    5.最近の日常……06:05
     数日を跨ぎながら会話を重ね、険悪なのかなんなのかよく分からない関係に。
     ヤビツ藍はだんだんとあなたに心を開いていっているようだ。 
    6.最後の壁……18:10
     愚痴も言わないような間柄。親密な関係になっていく二人。
     しかしあなたの心境は違った。言わなければならない事がある。
     突き詰めなければならない現実がある。それは……。
    7.最愛のひと……02:24
    合計(本編):59:41
    8.(おまけ)スペシャルプラン加入者・お名前読み上げトラック
    :制作(敬称略):
    キャスト:
    ヤビツ藍(CV.藤村莉央)
    イラスト:
    らっち
    効果音:
    On-Jin ~音人~
    効果音ラボ
    企画・脚本:
    雲井砂