• [赤白樫] 先輩の突然の入室*…うん、いいわよ。手伝ってあげる。

    [赤白樫] 先輩の突然の入室*...うん、いいわよ。手伝ってあげる。
    * 【オナサポ・ボイスドラマ】ひとり居残りの解放感。作業もそこそこにさわさわ…しこしこ…
     なぜか気分がカチッとはまらず、秘密のおかずフォルダーをカチカチ……と、不意にドアが開いて…!
     先輩、なんで今日に限って――。
    * 「先輩」―「あなた」が初めての後輩。日々何かと気にかけてくれている。
     ある夜、「あなた」の自慰現場に期せずして踏み込んでしまい、お互いに絶句。
     起死回生を図る「あなた」の申し出を、おねえさんとして聞き入れる。
     とはいえ、こんな経験、なかなかあるものではなく――。
    * あらかじめお手元の「学園」「制服」「純白」「百合」「女教師」等の画像をご覧になっていただきますと、 各シーンをスムーズにイメージしていただけます。
    ______________________________________________
    《収録内容》計約76分
    0* 先輩の突然の入室「女の子だって、エッチな気分になるときあるよ」7:08
      だから今、あなたがエッチな気分になってたって、全然不思議じゃないよ。
      ただ、いきなりそんなふうだったから、ちょっと驚いちゃったけど。
      …うん、いいわよ。手伝ってあげる。
      今日は、カウントダウンで、気持ちよくなっちゃいます。
      『3、2、1、ゼロ』で、気持ちよくなろうね。
       ★『ゼロ』のタイミングでイけたとき → そのまま「5-1* Sランク・トゥルーエンド」をお聴き下さい。
      でも…『ゼロ』じゃないときにイきたくなっちゃったら…そのときは…うん、イっちゃってもいいよ。
      許可します。その代わり…
       ★『ゼロ』のタイミングでないときにイけたとき → 「5-2* Aランク・トゥルーエンド」を再生し続けてお聴き下さい。
      ん、あなたのそこ…ちょっと中途半端な感じ、かな。
      そだ、この開きっぱなしのフォルダー…うわぁ、こういうので、ムラムラしちゃうんだ。
      ふ、今さら、そんなに慌てなくてもいいよ。そこ、動いちゃダメ。 
      
      じゃ、えーと、これ、読んでみようかな。
    1* 第1段階『初めまして、お兄さん。気持ちよくオナニーできるように、私がサポートしてあげます。任せて下さい!』9:09
      黒いロングヘアの、制服姿の女の子のイラスト。
      床に座って、頬をほてらせて、微笑みながら、まっすぐ、こっちを見つめてる。
      
    2* 第2段階『もう、お兄さん。またオナニーしてるの?独りでしこしこ…とっても、寂しそう…』11:25
      次は、どんなのがでてくるかな… 大丈夫。何が出てきても、受け止めてあげるから。
      もう、全部さらけ出しちゃいなさい。そうしたら、もーっと、気持ちよくなれるよ。
    3* 第3段階『ん…先輩のお口、オレンジジュースの味がする…』20:33
      あー…こっちに別のフォルダーがある… あ、これもだ。くすっ…
      もしかして、秘密のエッチなフォルダーどんどん見つけられていくの、快感に感じてきちゃったりしてる?
    4* 最終段階『先生のこと、いつもいやらしい目で見てたでしょう。いつも、おっぱい、見てるよね』18:55
     
      ん、このフォルダーは…年上の女の人のばっかり。幼馴染みのお姉さんとか、隣の奥様とか…
      これは…学校の先生… 
      年上の女の人にリードされるの、好き…なんだ…
    5* アフターフォロー「気持ちよくなれたね。よかった。がんばったね。えらいぞ」
     5-1* 「Sランク・トゥルーエンド」6:28
     5-2* 「Aランク・トゥルーエンド」2:26
      ★「Sランク」「Aランク」のいずれの場合も、「先輩」は「あなた」を愛情深くフォローしてくれます。
    *MP3(44100kHz/192bps/ステレオ/MP3)/WAV(各左右反転版同梱)。
    *その他、「はじめにお読み下さい」「ジャケット画像」「台本」を含みます。
    ______________________________________________
    CV* 縁側こより様 @koyoring54
    イラスト* うるうゆきこ様 @uru_yukiko
    制作* 赤白樫 @aka_shira_kashi