• [フリー・センテンス] 邪神の肉奴隷と化した聖女の物語

    価格:216円

    [フリー・センテンス] 邪神の肉奴隷と化した聖女の物語

    画像のない、文章だけの作品です。
    ~~ざっくりストーリー解説~~
     ガイゼリアによる世界統一が果たされてから半世紀、この時代、レリスト教は唯一無二の宗教として存在し、それ以外の宗教は全て邪教とされ、弾圧された。
     若くして「神罰執行官」の認定を受けたエヴァ・サーリーは、教皇から直々に邪教徒討罰の命令を受ける。兵を率いて邪教徒の巣窟と見なされたラザ地方のクレコール村へと赴いたエヴァは、そこで数々の呪物や呪具、祭壇や邪神の像を発見する。それはクレコール村の住人たちが邪教徒であることを示す動かぬ証拠であった。
     村人たちは口々に訴えた。
    「許してください・・・・・・どうか見逃してください・・・・・・」
    「これには理由がありまして・・・・・・」
    「信じてもらえないかも知れませんが・・・・・・この村には、かつてこの地一帯で猛威を振るっていた邪悪な神が封じられているのです・・・・・・」
    「我らはその神を封じた封印の民の末裔で、もし我らの祈りが途絶えれば、封印が破れ、邪悪な神が再び地上に出てきてしまうでしょう・・・・・・」
    「そうなったら地獄です。ですか、どうか――」
     しかし、エヴァは容赦しなかった。
    「ならぬ! おまえたちは真の神に背き、邪神を崇拝した大逆人だ。その罪は万死に値する! よって、執行官の権限においておまえたち全員に拷問による死を命じる!」
     かくしてクレコール村はエヴァが率いる神罰執行隊によって地獄と化すのだが、エヴァの身に地獄が到来したのはすぐ後のことであった・・・・・・。
     総文字数26414文字です。
     体験版の内容はいつもよりも厚くしておりまして、クレコール村がエヴァたち神罰執行隊によって蹂躙される様までを載せております。本編ではそのエヴァが酷い目に遭いますので、どうぞ愉しんでご覧になってください。