• [フリー・センテンス] 魔孕学園怪奇譚 後編

    価格:216円

    [フリー・センテンス] 魔孕学園怪奇譚 後編

    画像のない、文章だけの作品です。
     ~~ざっくりストーリー解説~~
     前回までのあらすじ。
    妖魔退治の依頼を受け、山奥深くにある私立魔孕学園へと向かった退魔師の守部妖子。学園に巣食う妖魔に捕まり、凌辱を受け、乳房を超乳化させられるなどの改造を受けた彼女だったが、隙をついて逃げだすことに成功する。しかし、逃走を図る彼女の前に立ちはだかったのが、依頼人にして敵の首魁であった暗魔誠一であった。
     ・・・・・・暗魔誠一との一騎打ちの末、戦いに敗れてしまった妖子は、彼から「隷属の呪い」をかけられ、意識を保ったまま身体の主導権を暗魔誠一に奪われ、彼に従順な肉人形とされてしまう。
    「その術は7日ほどで消える。そうしたら、もう一度聞こうじゃないか。私に恭順の意思を示すか、それともあくまで反抗するか」
     こうして妖子に対する凌辱地獄が開始された。
     肉便器として学園中の男たちから身体中を犯され、肉便所として全身を排尿で汚され、馬術部で飼われている馬に犯され、料理の材料として学生主催のカフェで強引に母乳を搾られ、プールの水に擬態した水成妖魔に全身をほじくられて強姦され、そして、そして・・・・・・女性のもっとも大切な部位「子宮」で蟲毒の法を行なわれるのだった。
    「私は負けない・・・・・・絶対に、負けない・・・・・・!」
     果たして妖子は地獄の凌辱に耐えることができるのだろうか?
     それとも・・・・・・。
     総文字数31000文字です。
     本作品のヒロインは当サークルの作品の中でもっとも悲惨な凌辱を受けることになります。ですので、そう言ったシュチュエーションがお好きな方には愉しんでいただけると思いますので、ぜひともご覧になってください。