• [pure voice] ご奉仕♪メイドり~夢☆しおり 癒し文学少女

    価格:1,404円

    [pure voice] ご奉仕♪メイドり~夢☆しおり 癒し文学少女
    ご奉仕♪メイドり~夢☆しおり 癒し文学少女
    夢のメイド喫茶で、メイドさんにお給仕とか耳かきとかマッサージとか、あと、えっちなご奉仕までしてもらるシリーズです。
    今回のメイドさんは「しおり」。
    落ち着いた人柄かつ朗らかで、人と接することも好きな、期待の新人さんです。(CV:秋野かえで様のお声がドハマりしています、感謝!)
    趣味は読書。日本の文学ならなんでも好きだが、特に和歌や、大正前後の近代詩などが好みとのこと。
    今回は、大正ロマン風な店内で、オーソドックスな耳かき、按摩などのご奉仕をしつつ、得意の歌詠みや詩の朗読などで、通常より一層、安堵できる空気を醸します。
    慎み深いと思いきや、意外な熱烈さものぞかせる、文学少女とのひとときに浸ってください。
    しおりからのメッセージ
    「大のおばあちゃんっ子だったせいか、日本的なものが好きに育ちました。読み聞かせは流し聞きしてもらえたら幸いです。どうぞ今宵はつかの間、うんと私に甘えて、癒されていってくださいませ」
    今日の御品書♪
    ○落ち着く柱時計の音
    ○フルーツパーラー風お給仕
    ○膝枕耳かき
    ○按摩ご奉仕
    ○流し聞き朗読
    ~閉ざされの間にて~
    ●熱烈接吻(口、耳、乳首)
    ●ねっとり手淫
    ●焦らし口淫
    ●恋慕の情交
    第一章 レトロなメイドり~夢へお出迎え 2:05
    旦那様、今日は特にお疲れに見えますが、大丈夫でしょうか?
    ここのソファよりも、奥のお座敷で腰を落ち着けたほうがくつろげるかと思いますが、どうでしょう?
    本日は、私がいっぱい癒やして差し上げますので、どうぞうんと甘えて、楽しんでいってくださいね
    第二章 まずは甘味でおもてなし 7:09
    ふふ、旦那様、少しは食欲が戻られたようですね
    とってもおいしそうに召し上がっていらっしゃいます
    続いて、こちらのキウイは、いかがですか?
    このキウイもちょっと酸味は残ってますが、熟してるのでとっても甘いですよ
    はい、あーん……
    第三章 耳かきしながら、恋の和歌を 17:46
    どうぞ旦那様は、そのままリラックスして、聞き流すように聞いてください
    和歌は聞いているだけでも、とても心地よいですから……
    では、万葉集からお気に入りを一首……
    「恋ひ恋ひて 逢へる時だに 愛(うるわ)しき 言尽(ことつく)してよ 長くと思はば」
    第四章 歌詠みと按摩でくつろぎの刻を 10:41(時計音ありなしの2バージョンあり)
    ふふ、くっついちゃいましたね
    旦那様を近くに感じられて幸せです
    では、按摩を続けますね……
    ん、んっ、しょっ……んっ、しょ……
    え?恋の歌をもっと、ですか?
    第五章 献身あまあまちゅっちゅ愛撫、です 20:34(時計音ありなしの2バージョンあり)
    旦那様……
    私と目を合わせていただけませんか?
    恥ずかしい?私だって恥ずかしいんですよ
    でも、ここまで来たら、もう心を決めるしかありません
    早速ですが、唇、失礼しますね……
    第六章 ねっとり撫で撫でゆっくりお射精 14:24(時計音ありなしの2バージョンあり)
    これも旦那様にもっと気持ちよくなっていただくためです
    少しずつ高めて、じっくり、ゆっくりと追い詰めて、
    最後はたまった水があふれ出すように射精してください
    そうしたら、とろけるような快感がながーく、ゆるーく続きますから
    どうです、楽しみになってきませんか?
    第七章 いっしょに、頂を迎えに 11:30(時計音ありなしの2バージョンあり)
    んふっ……おち○ちんの裏側の筋が当たって……
    もどかしくて切ないです
    もう挿れていいですか? 女陰に入れていいですか?
    旦那様ももうほしいですよね? 私の女陰味わいたいですよね?
    第八章 しおりの朗読寝かしつけ 22:41(時計音ありなしの2バージョンあり)
    本日は旦那様がお休みになるまで、私がお側におりますので
    安心してお休みになってください
    え? 何か読み聞かせてほしい?
    くすっ、もちろんよろしいですよ
    寝物語として、どうぞゆったりとしながら、聞き流すように聞いてください
    CV:秋野かえで
    イラスト:柳原ミツキ
    シナリオ監修協力:大河渡
    音声編集協力:CrackerJaxx
    製作:pure voice
    ※作品中で朗読した近代詩については、以下のものを採用しました。
    (いずれもパブリックドメインとなっております)
    「不思議」 金子みすゞ(かねこみすず)
    「海のまぼろし」 沙良峰夫(さらみねお)
    「四月」大野百合子(おおのゆりこ)