• [フリー・センテンス] 魔孕学園怪奇譚 前編

    価格:216円

    [フリー・センテンス] 魔孕学園怪奇譚 前編

    画像のない、文章だけの作品です。
    ~~ざっくりストーリー解説~~
     ・・・・・・人里離れた山奥でひっそりと暮らしていた妖魔の集団がいた。人間たちの開発によって食料の確保が難しくなった彼らは、人間を襲う頻度を増していた。その結果、10年前、守部の一族と呼ばれる退魔師の集団の襲撃を受け、全滅してしまう。しかし、たったひとりだけ、悪鬼の母と人間の父を持つ「半魔」の彼だけが生き残っていた。
     自らを「暗魔誠一」と名乗り、殺された母と仲間たちの仇を討つために、彼は人間世界にて力を蓄えていった。
     最初は純粋な力のみを求めていた彼だったが、ある経緯を経て、金銭に対する執着心を強めていく。そして金の力の凄まじさを思い知った彼は、表と裏の顔を使い分け、莫大な富を築くことに成功する。そして退魔師への復讐を果たすため、経営難に陥っていた山奥にある「私立魔孕学園」を金の力によって自らの「巣」とするのだった。
     時は流れ10年後、妖魔討伐の依頼減少に伴う不景気によって、多くの退魔師たちが廃業の道を選ぶなか、一族最後の退魔師となった守部妖子は、「退魔組合」に加入して一族の再興を目指していた。同じ組合に加入して「美少女霊能者」として活躍する立花明美に勝る美貌とスタイルを持つ彼女だったが、退魔師としての実績にこだわる彼女は、兼業などはせず、ひたすら退魔の仕事で成りあがろうとしていた。
     そんな彼女の元へ、私立魔孕学園から妖魔退治の依頼が来た。1億円という高額な報酬に誘われ、魔孕学園へと赴いた妖子だったが、そこで彼女を待ち受けていたのは、想像を絶する膨大な数の妖魔の群れだった!
     果たして彼女の運命はいかに!?
     退魔師の少女がひたすら凌辱され、ぐちゃぐちゃに弄られ、身体を改造されてなお、立ち向かう気高き姿をどうぞご覧になってください。
     総文字数は38000文字です。
     日頃からの感謝を込めて書きました。本作品は当サークル最大のボリュームとなっておりますので、どうぞ愉しんでご覧になってください!